今回は、プロゴルファーの菊地絵理香(きくちえりか)に注目します。

まず、気になる菊地絵理香さんの元彼や「とくさん」なる人物について調べてみたいと思います。

そして、菊地絵理香さんの姉や父など家族についても調べてみます。

最後に、菊地絵理香さんのwikiやプロフィールを簡単にまとめてみますね。

スポンサーリンク



菊地絵理香の元彼やとくさんが気になる!姉や父についても調べてみた!

菊地絵理香 元彼 とくさん 姉 父

菊地絵理香の元彼について!

菊地絵理香さんを検索すると、「元彼」という関連ワードが出てきます。

昔、誰かと話題になったのかと思いきや、全く情報がないんですけど・・・^^;

まあ、年齢的には彼氏がいてもおかしくはないんですけどね。

それに菊地絵理香さんは美人ですし、ネット上での情報はありませんが、もしかするといるかも知れませんよね。

今後何か情報があれば追記したいと思います。

「とくさん」て誰?

とくさんは、女子ゴルフが大好きな「栄光産業株式会社」の社長さんだそうです。

菊地絵理香 元彼 とくさん 姉 父
そして「会社で犬、猫を育てる社長の日記」というブログを運営していて、それがゴルフ好きな人達の間で人気になっているようです。

また、ちょこちょこ女子ゴルフを観戦しに現地まで行っていて、それをブログでよくアップしていますね。

ちなみに、笠りつ子プロと佐藤靖子プロが大好きなんだとか。

もちろん、菊地絵理香プロの事も応援していて、ブログ内では「エリカ様」って呼んでますね^^;

でもなぜ、菊地絵理香さんを調べると「とくさん」とトップで関連ワードが出るんでしょう・・・。

菊地絵理香の家族について!

【姉】

姉の名前は、菊地 明砂美(きくちあさみ)さんですね。

菊地絵理香 元彼 とくさん 姉 父
2010年にプロテストに合格しているプロゴルファーですね。

しかし、今まで妹のような結果は残せず、かなり苦労しているようです。

最高位も2014年の98位で、もちろんシード権の獲得は一度もありません。

これがプロの世界の厳しい所で、この成績では到底生活できるだけのお金はもらえないですよね。

 

【父】

父の名前は、菊地克弥さんですね。

お父さんも実はプロゴルファーなんですよね。

と言っても、ツアープロではなく、ティーチングプロですけど。

そんな父に菊地絵理香さんは指導を受け、メキメキ実力をつけたわけですね。

父と娘二人がプロゴルファーのゴルフ一家な訳ですね。

菊地絵理香のプロフィールは?

1988年7月12日生まれ

北海道小牧市出身

身長156cm

東北高校出身

菊地絵理香さんは、父の影響で6歳の頃からゴルフを始めていますが、本格的に始めたのは14歳の時だったと言います。

しかも、娘のためにゴルフ場の近くまで引っ越したんだそうですよ。

まだプロになれるかもわからないのに、その決断は到底信じられないですね^^;

きっとプロであるお父さんが、娘に才能を見出したんでしょうね。

スポンサーリンク



そして、本格的に初めてすぐに頭角を現します。

「北海道ジュニアゴルフ選手権 女子12~14歳の部」では、2002年、2003年に2位。

てか、本格的に始めたのが14歳なのに、その前から結果を出してるじゃん^^;

 

そして高校は、ゴルフで有名な東北高校に進学します。

東北高校と言えば、宮里藍・原江里菜木戸愛など有名なプロの母校ですよね。

高校では2006年に「全国高等学校ゴルフ選手権」で個人でも団体でも優勝。

そして同年の2006年「東北ジュニアゴルフ選手権 女子15~17歳の部」でも優勝しています。

菊地絵理香 元彼 とくさん 姉 父
左にいるのが菊地絵理香さん。

そして真ん中の子が酒井美紀さんですね。

酒井美紀さん、菊地絵理香さんより学年が下なのに上に見えますね^^;

 

その後、2008年に二度目の挑戦でプロテストに合格。

菊地絵理香 元彼 とくさん 姉 父
10位という結果で見事に合格しました。

アマチュアで活躍している選手でも、プロテストは苦労している方がたくさんいますからね。

二度目で受かって本当に良かったですよね。

 

しかし、プロテストに合格してからかなり苦労してるんですよね。

最近は軒並み賞金ランクでも上位にいるイメージですが、初のシード権を獲得したのが2012年ですから。

ただシード権を獲得してからは安定した成績を残しています。

 

そしてツアー初優勝は、2015年の事になります。

「KKT杯バンテリンレディスオープン」ですね。

菊地絵理香 元彼 とくさん 姉 父
プロになってから7年。

相当苦労した時期もありましたからね。

喜びもひとしおだったんじゃないでしょうか。

 

また2016年には、「スタジオアリス女子オープン」で優勝し2勝目。



こうして2016年も安定した成績を残しています。

それにしても、菊地絵理香さんの笑顔は癒されますね〜。

 

では、プロになってからの成績を書いておきますね。

2008年 獲得賞金¥1,280,000 賞金ランク120位  

2009年 獲得賞金¥8,133,400 賞金ランク68位

2010年 獲得賞金¥9,401,942 賞金ランク62位

2011年 獲得賞金¥8,834,821 賞金ランク68位

2012年 獲得賞金¥20,949,816 賞金ランク43位

2013年 獲得賞金¥46,099,811 賞金ランク20位

2014年 獲得賞金¥40,782,074 賞金ランク23位

2015年 獲得賞金¥88,274,415 賞金ランク8位

ちなみに2016年も現在までで(2016年11月14日)、獲得賞金¥65,911,509の11位と好順位につけています。

今はもう名実ともに、日本ではトッププロの仲間入りをしていますね。

まとめ

「菊地絵理香の元彼やとくさんが気になる!姉や父についても調べてみた!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

菊地絵理香プロ、今年も1勝していますが、今の実力なら年間1勝では少ない気がしますね。

まだまだ勝てるでしょう!

てか、海外勢が優勝するよりやはり日本人に頑張ってもらいたいですからね。

 

最近だと、笠りつ子プロや堀琴音プロの勢いがすごいですが、菊地絵理香プロにももっと頑張ってもらわないと!

今後の活躍に期待したいと思います。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク