今回は、ドラマ「三人兄弟2」に武井珊瑚役で出演する増井みおに注目します。



まず、増井みおさんの卒アルや彼氏について調べてみたいと思います。

そして、増井みおさんのすっぴん画像も気になっている方がいるようなので探してみます。

最後に増井みおさんの出身高校など、wikiやプロフィールをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク



増井みおの卒アルや熱愛彼氏は?すっぴんや出身高校も気になる!

増井みお 卒アル 熱愛彼氏 すっぴん 出身高校

増井みおの卒アルは?

まず、増井みおさんの出身高校なのですが、日出高等学校になります。

これはもう周知の事実になっていますね。

ちなみに同級生には、凄いメンバーがずらりといます。

「ももクロ」百田夏菜子
「AKB48」渡辺麻友
「アイドリング」尾島知佳 朝日奈央
「C-ute」鈴木愛理
「E-girls」藤井萩花
松岡茉優、家入レオ

今をときめく方達がずらりといますね^^;

この方たちの卒アルがフライデーに流出したと話題になりました。

それで、増井みおさんの卒アル写真も見たくて皆が検索しているようです。

結論を言うと、増井みおさんの卒アル画像はいくら探しても出て来ませんでした。

かわりに、先程の方たちの卒アル画像で見つかった分を貼っておきます。

増井みお 卒アル 熱愛彼氏 すっぴん 出身高校
増井みお 卒アル 熱愛彼氏 すっぴん 出身高校
増井みお 卒アル 熱愛彼氏 すっぴん 出身高校
増井みお 卒アル 熱愛彼氏 すっぴん 出身高校
最後の一枚は家入レオさんですが、これだけおそらく小学校の卒アルだと思います。

増井みおさんの卒アル画像に関しては、もし見つかれば載せておきます。

スポンサーリンク



増井みおに彼氏はいるの?

増井みおさんの彼氏に関する情報は見つかりませんでした。

これだけかわいいので、彼氏がいない方がおかしいですよね。



でも仕事柄、彼氏は作れないのかもしれませんけど・・・。

さすがにアイドルなので、彼氏が仮にいたとしても表には出さないでしょうね・・・。

もし彼氏がいるのが発覚したら、僕がここに書く前にニュースで報道されてますよねきっと^^;

今後何か情報があれば追記したいと思います。

増井みおのすっぴんは?

普通アイドルなら、なかなかすっぴんは公開しないはずなんですが、増井みおさんは違いますね^^;

SNSにちょこちょこすっぴん画像をアップしていました。

いくつか紹介します。



すっぴんでもかなり綺麗ですよね!さすがアイドル!

かなりギャップがある人もいますからね^^;

増井みおさんは、かなり綺麗だと思います。

増井みおのプロフィールは?

愛称 みおみお

1994年10月6日生まれ

O型

東京都出身

身長151cm

増井みおさんは、2009年よりガールズロックユニット「PASSPO☆(ぱすぽ)」のメンバーとして活動を始めています。

活動を始めたのはまだ中学生の時ですね。

当初はアイドルになる気は全くなく、女優の卵として頑張っていたそうですよ。

でも事務所が募集をかけているので応募したら、結果としてアイドルになってしまったそうです。

 

ちなみに「ぱすぽ」は、空と旅をテーマに世界観を統一しています。



この曲はオリコンで1位になったので知ってる方も多いかも知れないですね。

僕は機械の打ち込み音がかなり苦手で、こういった生音が聞こえるロック調の曲は大好きです!

これが打ち込みだったら間違いなく興味は持ってないでしょうね^^;

純粋に曲が格好いいと思います。

 

シングルは今まで15枚出していますが、軒並みトップ10に入っていて、それなりに売れているグループですね。

当初は10人いたのですが、現在は7名で活動しています。

それでは2016年7月に発売された、現時点での最新シングルを紹介します。



「バチェロレッテは終わらない」という曲です。

やっぱり曲と演奏が格好いいわ~!

こういった曲を華のある彼女達が歌うから、人気があって当然ですね。

まとめ

「増井みおの卒アルや熱愛彼氏は?すっぴんや出身高校も気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

書き忘れましたが、増井みおさんはこのグループではベースを弾いているんですよね。



こうやって演奏できるアイドルっていうのもいいですよね。

TOKIOの女性バージョンみたいな感じかなぁ。

増井みおさんは楽器だけじゃなく、踊りもキレがあって結構上手いんですよね。

 

ちなみに女優として、映画や舞台なんかにも出演しています。

今回も「三人兄弟2」に出演するという事で、女優増井みおが見れると思うと楽しみでなりません。

 

今後の増井みおさんの活躍に期待したいと思います。

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク