今回は、プロゴルファー片岡大育(かたおかだいすけ)に注目します。

どうやら片岡大育プロのキャディーについて興味がある方が多いようです。

また結婚や彼女の噂も気になっている方が多いようなので調べてみます。

あと最後に、片岡大育プロのwikiやプロフィールをまとめてみますね。

スポンサーリンク



片岡大育のキャディーや結婚は?wikiや彼女についても調べてみた!

片岡大育 キャディー 結婚 wiki 彼女

片岡大育のキャディーについて!

片岡大育さんのキャディーで話題になった方と言うと、パッと二人思い浮かびます。

一人目は、現在は有名な美女ゴルファーの「森美穂プロ」。

片岡大育 キャディー 結婚 wiki 彼女
森美穂プロは、片岡大育プロ以上の苦労人で、プロテストを4回も落ちています。

その森美穂プロがテストに落ち続けていた時、キャディーをやっていたのは有名な話。

一時期、片岡大育プロのキャディーについた事があり、美人キャディーだと話題になりました。

 

二人目は、専属キャディー契約をしている「伊能恵子」さんですね。

片岡大育 キャディー 結婚 wiki 彼女
伊能恵子さんは、平塚哲二、古閑美保、久保谷健一などとコンビを組んで8勝しているプロのキャディーです。

ツアー関係者からも慕われている有名なキャディーさんですね。

2016年度も片岡大育プロのキャディーを務めています。

ちなみに彼女は、伊能忠敬の子孫なんだそうですよ!

片岡大育の結婚や彼女の噂は?

色々と調べましたが、彼女や結婚に関する情報は全くないですね。

少なくとも左手に指輪がない事からも結婚はしてないでしょうね。

片岡大育 キャディー 結婚 wiki 彼女
ただ片岡大育プロは、インタビューを聞いててもとても感じがよく、真面目で誠実そうですよね。

こういう方は絶対にモテると思うんですけどね。

ちょっと活躍したからって生意気な口を利く、石◯遼とは全然違いますね・・・。

今後何か情報があれば追記したいと思います。

スポンサーリンク



片岡大育のwikiプロフィール!

1988年10月17日生まれ

O型

高知県出身

身長167cm

香川西高等学校

Kochi黒潮カントリークラブ所属

中学校1年生の時に、父親とゴルフ練習場に行ったのをきっかけにゴルフを始めています。

すると元々才能があったんでしょう、すぐに頭角を現します。

 

2002年「四国ジュニアゴルフ選手権 男子12~14歳の部」でいきなり4位!

2003年は2位と、ものすごいスピードで実力をつけています。

 

そして高校はゴルフの強豪、香川西高に進学。

高校ではかなり厳しい練習をこなし、その甲斐あって高校3年生の時には快挙を成し遂げます。

2006年「四国アマチュアゴルフ選手権競技」で、プレーオフの末、見事に優勝!

片岡大育 キャディー 結婚 wiki 彼女
高校生でチャンピオンになるのは史上初の快挙だそうです。

 

続く2007年「中四国オープンゴルフ選手権競技」でも優勝!

これは27年ぶりとなるアマチュア優勝で、大きな話題になりました。

本当にここまでは怖さ知らずもあったのかも知れないですが、順風満帆なゴルフ人生を送っていますね。

そして同年プロに転向する訳ですが、ここから長いトンネルに入ってしまいます。

 

プロに転向してから2~3年は予選すら突破できず、もちろんシード権なんか取れる訳もありません。

なかなか結果が出ない中、2011年にはアジアンツアーに参戦。

ここでは台湾マスターズで3位に入り初のシード権を獲得しています。

ちなみに2011年以降は、日本と海外を往復しながらプレーようになります。

 

そんな中、2013年にようやく日本でもシード権獲得!

そして2015年にやっと長いトンネルを抜けます。

「関西オープン選手権」でツアー初優勝!

片岡大育 キャディー 結婚 wiki 彼女
実にプロになって9年目の悲願の優勝でした。

片岡大育プロは、本当に「苦労人」と言う言葉が似合う選手だと思います。

 

2016年には「中日クラウンズ」で本当に優勝まで限りなく近づきながら惜しくも2位。



プレーオフでは、もの凄い闘いをしていましたね。

見てない方はぜひ御覧ください。

負けて男泣きをしてましたが、本当に感動しました!

まとめ

「片岡大育のキャディーや結婚は?wikiや彼女についても調べてみた!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

片岡大育プロ、テレビで見ていても何か応援したくなるんです。

苦労して来た分、早く2勝目が欲しい所ですよね。

 

先日は惜しい所で2勝目を逃してしまいましたが、今度は勝って男泣きを見たいものです。

これからの活躍も楽しみにしています。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク