今回はプロゴルファーの豊永志帆(とよながしほ)に注目します。

まず、豊永志帆プロの父親やキャディー、そして愛車のベンツについて調べてみます。

そして、豊永志帆プロのプロフィールや成績についてもまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク



豊永志帆の父親やキャディーは?ベンツや成績も気になる!

pgog-87123

豊永志帆の父親について!

正直、お父さんについての情報がほとんどありません。

わかっている事だけ書いていきますね。

 

父親の名前は、豊永紳二さん。

豊永志帆プロは、父の勧めでゴルフを始めています。

ゴルフの塾として有名な「坂田塾」に入ったのがきっかけで本格的に始めたそうですよ。

 

あとは豊永志帆プロのコーチとして、お父さんが時々インタビューを受けていますね。

もう本当にその位の情報しかありません。

何かわかれば追記したいと思います。

豊永志帆のキャディーについて!

豊永志帆さんのキャディーについて調べてる人が多いので色々と検索してみましたが、特にこれと言って気になる方はいませんでした。

 

あとキャディーで気になる事と言ったら、豊永志帆プロのキャディーバッグの中身でしょうか。

インタビューで言ってましたが、キャディーバッグの中には、梅干し」と「グレープフルーツの香りの香水」が入ってるそうです。

特に梅干しは大好きで、後輩にこんな事を言われたそうです。

「キャディーバッグの中には梅干ししか入ってないんじゃないの?」

こんなん言われる位に梅干しを常に食べていたそうですよ。

書いてるだけで、よだれが出てきそうですけど^^;

豊永志帆のベンツについて!

メルセデス・ベンツ日本は、若手のプロを支援する「メルセデス・サポート」というプログラムを行っており、豊永志帆プロはその対象選手の一人だった訳です(2012年~)。

その対象に選ばれると、無償でベンツが貸し与えられる訳ですね。


文字通り、若手を支援するためのプログラムなので、現在は対象選手から外れています。

でも、新人の頃からこんないい車に乗れるなんて羨ましいですねぇ。

現在は、森美穂プロ香妻琴乃プロなどが対象になってますね。

豊永志帆のプロフィールは?

◆プロフィール

1990年5月6日生まれ

O型

熊本県出身

身長169cm

東海大学付属第二高等学校

東芝所属

小学校4年生の時に、父の勧めで「坂田塾」に入ったのがきっかけでゴルフを始めています。

坂田塾と言えば、礼儀を重んじる厳しい塾ってイメージがあります。

でも坂田塾に入れれば、人間的にもゴルフの技術的にも成長するのは間違いないと思います。

まさに豊永志帆プロの原点ですね。

坂田塾の出身と言えば、笠りつ子プロや上田桃子プロなど本当にたくさんいますよね。

 

そして中学生になる頃には、九州中学校ゴルフ選手権で連覇するなど、各大会で好成績を残しています。

06-junior
この写真は、九州ジュニアゴルフ選手権の時です。

豊永志帆プロが高校生の時ですね。

 

そして2009年には、「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」で8位入賞!

gallery_large4-6
このようにアマチュア時代は、本当に順風満帆に成績を残していました。

しかし、ここから苦難が待っていました。

 

2009年、2010年とプロテストに続けて落ちてしまったんですね。

ここで一度は、プロになるのを諦めかけたそうです。

しかし両親の説得により、2011年に3度目の挑戦。

受かるとは思ってなかったそうですが、呆気なく3位で合格してしまいました。

fireshot-screen-capture-430-2011%e5%b9%b4lpga%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%e5%90%88%e6%a0%bc%e8%80%85%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e3%83%88
これでめでたくプロゴルファーになった訳ですね。

文章にすると大変さが伝わらないかもしれませんが、2年間も苦しんだ末の合格ですからね。

精神的にも相当辛かったと思います。

 

そして、プロになった年のファイナルQTで4位という好成績を納め、次年度のトーナメント出場権を手にしています。

QTは過酷な闘いだとよく言われますからね。

ここで4位を取れたのは相当プラスになったんじゃないかと思います。

 

2012年には「大王製紙エリエールレディスオープン」で5位になるなど、もう少しでシード権を獲得できる位置にいました。

2013年以降も上位入賞はあるんですが後が続かず、今まで一度もシード権の獲得はありません。

 

では、2012年以降の成績をまとめてみます。

2012年 獲得賞金¥14,860,035  賞金ランキング53位

2013年 獲得賞金¥14,135,687  賞金ランキング57位

2014年 獲得賞金¥12,361,650  賞金ランキング64位

2015年 獲得賞金¥10,067,189  賞金ランキング66位

この成績を見てもわかるように、本当に惜しい所まで来てるんですけどね。

シード権獲得まであと一歩って感じですね。

 

ちなみに2016年度も、シード権獲得はかなり厳しい位置にいると思います。

ここらでベスト10には入らないとキツイでしょうね。

まとめ

「豊永志帆の父親やキャディーは?ベンツや成績も気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

豊永志帆プロはプロテストで苦労して、プロになってからも結構苦労してますよね。

もうプロ5年目ですし、そろそろ大きな結果が欲しい所です。

 

今年もシード権は厳しい感じですが、まだまだわかりません。

残りのツアーで挽回して、飛躍の年にしてもらえたらなぁと思います。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク