今回は、中京学院大学のドラフト注目選手、吉川尚輝(よしかわなおき)遊撃手に注目します。

吉川尚輝の出身高校など、wikiやプロフィールを書いていきたいと思います。

また、吉川尚輝の兄についても調べてみますね。

スポンサーリンク



吉川尚輝の高校や兄は?wikiやドラフトについても調べてみた!

吉川尚輝 高校 兄は wiki ドラフト

吉川尚輝のプロフィールは?

◆プロフィール

1995年2月8日生まれ

岐阜県羽島市出身

身長177cm

体重79kg

羽島市立桑原中学校

中京高等学校

中京学院大学在学中

吉川尚輝は、走攻守そろった身体能力が抜群の内野手。

とにかく全てにおいてセンス抜群!

 

「走」に関して:50mを5秒7で走るスピードが持ち味。

大学のリーグ戦では、2014年春~2015年春まで、3季連続して最多盗塁を獲得しています。

 

「攻」に関して:ヘッドスピードが早く、広角に打ち分けられる能力がある。



また、ボールに当てるのも上手いので、率を残せる選手です。

大学リーグ戦(2016年春まで)の通算打率は、3割6分9厘と素晴らしい成績を残しています。

ただ、もう少し飛距離が欲しいところではありますが・・・。

 

「守」に関して:スピードがあり、守備範囲が広い。



また、身体能力が高くアクロバティックな守備で見せてくれます。

よく、同大学の先輩で現広島の「菊池涼介」と比較されています。

 

ドラフトでは、内野手の中では間違いなく1番の評価をされている選手。

スカウト陣は口を揃えて、即戦力になると言っています。

1位指名してくる球団もあるかも知れないですね。

いずれにしろ、上位指名は確実な選手です。

◆経歴
小学校1年生から、桑原スポーツ少年団で投手として野球を始めます。

そして中学校からは、父親が監督を務める羽島フジボーイズ(現在・岐阜南ボーイズ)で硬式野球を始めています。

ちなみにお父さんの好(このむ)さんは、甲子園出場の経験もあり、社会人野球で活躍した選手でもあります。

スポンサーリンク



中学を卒業すると、中京高等学校に進学。

1年生の夏から三塁手のレギュラーとして試合に出場し、1年生の秋には1番ショート。

吉川尚輝 高校 兄は wiki ドラフト
この画像を見た感じ、今と違ってかなり線が細いですね。

ちなみに、3年夏の県大会ベスト4が最高成績で、甲子園の出場経験はありません。

 

高校を卒業すると、中京学院大学に進学。

(まあ正確には、亜細亜大学の野球部に入部し寮に入るのですが、即退部しています。軍隊式野球部とも言われ、相当きつい事で有名ですからね・・・。)

大学では、1年生の秋からショートのレギュラーとして出場。

岐阜学生リーグでは様々な個人タイトルを獲得しています。

では、リーグ戦での吉川尚輝の打撃成績をまとめてみます。

2013年秋季リーグ:打率426

2014年春季リーグ:打率439

2014年秋季リーグ:打率353

2015年春季リーグ:打率360

2015年秋季リーグ:打率259

2016年春季リーグ:打率490

通算打率は.369と驚異的な数字を残しています。

プロに入ってからどれだけの数字が残せるか楽しみですね。

 

そして吉川尚輝の個人タイトルですが・・・

2013年秋:ベストナイン

2014年春:ベストナイン、首位打者、最多盗塁

2014年秋:最多盗塁

2015年春:最多盗塁

2016年春:MVP、ベストナイン、首位打者、最多打点

これだけ見ても、いかにすごい選手かわかると思います。

 

また4年生の春には、岐阜リーグ、東海地区決勝リーグを制して大学選手権に初出場!
大学選手権では打率364をマークし、全国大会で初優勝の立役者となっています。

ここで吉川尚輝の名前が一気に知れ渡りましたね。

 

この後も、日米大学野球で侍ジャパンのメンバーとして選ばれ、2塁手のレギュラーとして全試合に出場。

吉川尚輝 高校 兄は wiki ドラフト
日本の優勝に大きく貢献しました。

この活躍であれば、ドラフト上位指名は間違いないと思います。

吉川尚輝の兄について!

色々調べてみたのですが、兄についての詳細な情報は見つかりませんでした。

わかっているのは以下の2点。

・吉川尚輝には兄が二人いること。

・野球を初めたきっかけが、兄が野球をしていたからだと言うこと。

吉川尚輝選手がこれだけの野球センスを備えているので、兄が今どうしているか気になる所ですよね。

しかし何も情報がないって事は、野球はとっくに辞めてしまったか、やっていても無名の選手だと言う事ですよね。

今後、なにか情報があれば追記したいと思います。

まとめ

「吉川尚輝の高校や兄は?wikiやドラフトについても調べてみた!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

吉川尚輝さんは高校では線が細かったのですが、大学に入ってから体が一回り大きくなり、本当にいい選手に成長しました。

元々野球のセンスがある選手だったのですが、ここまで成長するとは思いませんでしたね。

 

ドラフトでは、ライバルである京田陽太選手と並んで、間違いなく上位指名で決まるでしょう!

 

秋季リーグでの活躍も本当に楽しみです。

 

今後の吉川尚輝選手の活躍に期待しましょう!

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク