今回は、現役東大生の伊形城(いがたじょう)に注目します。

まず、伊形城さんの東大の学部や高校などプロフィールを書いていきたいと思います。

そして、イケキャスとは何なのかも調べてみたいと思います。

最後に、気になる彼女についても調べてみますね。

 

現役東大生で、伊形城さんより有名な針間貴己くんに関してはこちら読んでみてくださいね。
ナンパばかりしてるチャラい東大生です。
針間貴己の妹や親(父・母)が気になる!出身高校や彼女もチェック!

スポンサーリンク



伊形城(いがたじょう)の東大の学部や高校は?彼女やイケキャスも気になる!

伊形城 いがたじょう 東大 学部 高校 彼女 イケキャス

伊形城のプロフィールは?

1996年6月12日生まれ

東京都出身

特技 護身術、ギター演奏、バスケットボール、ダンス

東京大学 教養学部 文科一類 在学中

◆学部は?
まず、伊形城さんは現在2年生なので、当然ながら学部は教養学部になります。

と言っても、東大の学部の仕組みについて知らない人が多いと思うので簡単に触れておきます。

伊形城 いがたじょう 東大 学部 高校 彼女 イケキャス
東大に入学すると、前期課程の2年間は教養学部に在籍し、駒場キャンパスで基礎的な事を勉強します。

そして2年生の時に、本人の希望と成績から後期課程(3.4年生)に所属する学部を決定する訳ですね。

てな訳で、伊形城さんが現在所属する学部は、必然的に教養学部になる訳です。

スポンサーリンク



◆出身高校は?
どうやら公表していないようで、正確にはわかりません。

ただ、ネットで調べていてこのようなフェイスブックのアカウントを見つけました。

伊形城 いがたじょう 東大 学部 高校 彼女 イケキャス
今現在は稼働してないようで開けませんが、ここに「駒場東邦高等学校」と記載があります。

伊形城さんと言う名前自体珍しいのに、まして東大の2年生で同姓同名がいるとも思えません。

なので、おそらく出身高校は「駒場東邦高等学校」だと思います。

間違えてたらすいません^^;

 

ちなみに駒場東邦高等学校は、偏差値72で東大合格者数は5位!

まあ、天才、秀才君の通う高校だって事ですね。

「イケキャス」って何?

伊形城さんは現在、イケキャスのメンバーの一人として活躍しています。

では、イケキャスって何でしょう?

イケキャスとは「イケメンキャスター」の略で、スターダスト・プロモーションが新しく設立した「男性キャスター部門」に所属するユニットの事ですね。

伊形城 いがたじょう 東大 学部 高校 彼女 イケキャス
メンバーはこの画像をみてもわかると思いますが、イケメンで爽やかな事が前提。

その上で、高学歴の現役大学生や俳優、タレントさんなど個性的なメンバーで構成されています。

2015年12月に結成されましたが、それまでにキャスターになるための基礎はきっちり勉強しているので意外と上手いです。

動画を貼ろうと思ったのですが、貼れるものがありませんでした・・・。

なのでツイッターで・・・。

この話し方を見ただけでも、ハキハキしていて爽やかな好青年なのがわかるかと思います。

やはり知性的な感じがしますよね。

 

ちなみに現在は、AbemaTV – 株式会社AbemaTVの「Abema Prime」という番組で冠番組を持っています。

金曜日のレギュラーなので、気になる方は見てみて下さいね。

 

また、こちらのリンク先で伊形城さんの自己紹介やダンスが動画で見れますよ。

伊形城さんは昔お芝居とともにダンスをやっていたそうです。

確かに上手いですよねぇ。

ただ頭がいいだけじゃないのが素晴らしい!

そういえばプロフィールの特技にもありましたが、ダンス以外にも護身術やギターなんかもやるんですよね。

かなり好奇心が強い方のようです。

伊形城に彼女はいるの?

伊形城さんの彼女に関する情報は全くないですね。

とにかく何もないので何とも言えませんが、東大生ブランドにこの爽やかさ。

そして、結構おしゃれなんですよね。

モテナイ訳ないでしょう!

今後、伊形城さんがより有名になればそう言った情報も出てくるかも知れません。

何か情報が出てきたら追記していきますね。

まとめ

「伊形城(いがたじょう)の東大の学部や高校は?彼女やイケキャスも気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

伊形城さん、ちょっと調べてみただけですが、かなり感じのよさそうな好青年でした。

東大生と言うこともあり、卒業後に芸能界に残る可能性は低いかも知れませんね。

まあ、アナウンサーって道もあるかも知れませんが。。。

 

でもあと2年間位は、もしかするとテレビで見かける機会もあるかも知れませんよ。

今後もキャスターとして自分の地位を気づいていって欲しいと思います。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク