今回は、東京大学出身のお笑い芸人として有名な石井てる美さんに注目します。

石井てる美さんの出身高校や大学など、学歴や経歴を調べてみたいと思います。

そして、石井てる美さんが得意としている英語ですが、どの位のレベルなのかも調べてみます。

最後に気になる彼氏の噂についても調べてみますね。

スポンサーリンク



石井てる美の英語力や出身高校は?学歴や彼氏も気になる!

石井てる美 東大出身 英語力 高校 学歴 彼氏

石井てる美の学歴やプロフィールは?

◆プロフィール

1983年7月4日生まれ

O型

東京都出身

身長150cm

体重54kg

白百合学園中学校・高等学校卒業

東京大学卒業

出身高校は、中高一貫校の白百合学園中学校・高等学校になります。

石井てる美 東大出身 英語力 高校 学歴 彼氏
ここの学校は言わずと知れたお嬢様学校として有名で、難関大学への進学率がやたら高い事でも有名ですね。

ちなみにこの学校は本命ではなかったそうですよ。

本命の学校に落ちた事によって母を悲しませてしまい、その一件があった事により勉強に覚醒したらしいです。

 

そして、東京大学文科三類に合格!

2006年に工学部を卒業すると大学院に進学!

2008年に大学院を卒業するまで、タイ、デンマーク、フィリピンと3カ国でのインターンシップや交換留学を経験したそうです。

これも就職に有利になるだろうと考えた上での事だそうです。

さすが頭がいいと先の事まで考えて留学するんですね!

石井てる美 東大出身 英語力 高校 学歴 彼氏
石井てる美 東大出身 英語力 高校 学歴 彼氏
これは、大学3年生の時にタイに行った時の画像です。

てかこの時は痩せている上、結構綺麗じゃないですか!

スポンサーリンク



で、大学院終了後の2008年、超有名なコンサルティング会社「マッキンゼー・アンド・カンパニー」に入社!

石井てる美 東大出身 英語力 高校 学歴 彼氏
しかし、マッキンゼー・アンド・カンパニーで、精神的にも肉体的にも追いつめられた石井てる美さん。

本当に自分のやりたい事は何かを自問自答するようになり、1年4ヶ月でマッキンゼーを退職。

お笑い芸人の道へと進みます。

 

ちなみに、マッキンゼーを辞めてお笑い芸人の道に進んだ理由を本にして発表しています。

私がマッキンゼーを辞めた理由 ー自分の人生を切り拓く決断力ー【電子書籍】[ 石井 てる美 ]

 

本の内容に関しては、こちらの動画をどうぞ!



石井てる美さんは、マッキンゼーではなく他に企業に就職していたら、お笑い芸人にはなっていないかも知れないですね。

それがいい事かどうかはわかりませんが、石井てる美さんにとっては必然だったのでしょうね。

石井てる美の英語力は?

石井てる美さんの英語力ははっきり言って凄すぎます^^;

このツイッターでも報告していますが、TOEIC満点(990点)です!

TOEICの満点は受験者の1%未満の人しか取得できないと言いますから、どれだけすごい事かわかると思います。

マッキンゼーに就職出来たのもこの英語力があってこそではないでしょうか。

 

ちなみにお笑いのネタで英語に関するのもがあるのですが、発音を聞いてみて下さい。



本人もインタビューで言ってましたが、発音だけはやたらよかったらしいです。

また石井てる美さんのネタを色々と見てますが、結構面白いと思いますよ^^

基本どこかに下ネタが隠れてますが、それもまた面白い^^;

石井てる美に彼氏はいるの?

石井てる美さんの彼氏に関する情報はないですね。

ただ、石井てる美さんのインタビューを読んでいるとおそらくいないような気がします^^;

こんなことなら、もっとたくさん恋しておくんだった。

女芸人になって30過ぎるとモテなくなるというのは想定外でした(笑)。

大学2年で念願の初彼氏ができたそうですが、インタビューではよくこのような事を言っています。

30歳を過ぎた今はモテないと言っているので、おそらくいないんじゃないかと。

 

なにか情報があれば追記していきますね。

まとめ

「石井てる美の英語力や出身高校は?学歴や彼氏も気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

石井てる美さんは、もう本当に王道のエリートコースを歩んでいました。

しかしマッキンゼーに入って挫折した事により、人生一度切り本当にやりたい事は何かを考えるようになります。

その結果、お笑い芸人の道を歩む事になった訳ですね。

 

現在の石井てる美さんはやりたい事をやっているせいか、本当に輝いて見えますよ。

徐々にテレビの出演も増えて知名度も上がって来ていますしね。

 

今後の石井てる美さんの活躍に期待したいと思います。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク