今回は、ドラフトでも注目されている秀岳館の九鬼隆平(くきりゅうへい)に注目します。

九鬼隆平の出身中学など、プロフィールや経歴をまとめてみたいと思います。

また、気になる家族(父・母)や彼女についても調べてみますね。

スポンサーリンク



九鬼隆平(秀岳館)の出身中学や父親は?彼女や母親も気になる!

九鬼隆平 出身中学 父親 彼女 母親

九鬼隆平のプロフィールは?

◆プロフィール

1998年9月5日生まれ

大阪府枚方市出身

身長180cm

体重82kg

枚方市立蹉跎(さだ)中学校卒業

秀岳館高等学校

九鬼隆平は、秀岳館のキャプテンで、4番も任されている強肩強打の捕手です。

今年のドラフトでは、捕手の中で1番の評価を得ている選手だと思います。

ちなみに、九鬼隆平とともによく名前を出されている捕手は明徳義塾の古賀優大ですね。

個人的には、九鬼隆平の方がトータル的に見て上だと思います。

 

スカウトが評価しているのは、まずはその強肩ですね。

2塁への送球が最速1.81秒!

プロに行く捕手でも1.8秒台は出せるかどうかという速さなので、その強肩ぶりがわかると思います。

 

そしてやはりバッティングですね。

高校通算21本塁打の力強いスイングが特徴!

 

またがっしりした体ながら、50mを6.0秒で走るなど身体能力が非常に高い選手。

 

それでは前に書いた事を踏まえて、こちらの動画を見てみて下さい。

だいたい九鬼隆平選手の特徴がわかると思いますよ。



 

それでは、ここからは九鬼隆平選手の経歴を見ていきましょう!

◆経歴
野球を始めたのは、蹉跎西小学校5年生の時になります。

そして野球を始めて1年で、オリックスジュニア入りしました。

オリックスジュニアは選考を得て選ばれるので、簡単には入れないはずなのに・・・。

天才少年ですよね本当!

 

その後、蹉跎中に進学すると、ご多分に漏れず硬式野球チームに入ります。

オール枚方ボーイズというチームですね。

このチームでは中学3年生の時に、5つの主要な全国大会を制して「中学5冠」を達成しています!

九鬼隆平 出身中学 父親 彼女 母親
オール枚方ボーイズは、色々な大会で優勝するほど強いチームとして有名です。

ただ、5冠達成は史上初めての快挙だそうです!

 

九鬼隆平は中学を卒業すると、熊本にある秀岳館高校に入ります。

なぜ大阪から熊本の高校に入ったかというと、それには訳があります。

その訳とは、オール枚方ボーイズの鍛治舍 巧(かじしゃたくみ)監督が、5冠達成後に秀岳館高校野球部監督になり、オール枚方ボーイズの選手たちをごっそりと引き抜いたからですね。

九鬼隆平 出身中学 父親 彼女 母親
今大会のメンバー18人の中には、一人も地元熊本出身者がおらず、レギュラーメンバーの半分以上が枚方ボーイズ出身と言う異例の事態が発生しています。

スポンサーリンク



まるで第二の大阪代表みたいなチーム編成になっています。

2016-08-18 常総学院 ☓ 秀岳館 (甲子園 準々決勝)
打順 守備 名前 学年 球歴
1 遊 松尾大河 3年生 枚方ボーイズ – 秀岳館
2 中 原田拓実 3年生 武雄中 – 秀岳館
3 一 木本凌雅 2年生 枚方ボーイズ – 秀岳館
4 捕 九鬼隆平 3年生 枚方ボーイズ – 秀岳館
5 左 天本昂佑 3年生 小郡リトルシニア – 秀岳館
6 三 廣部就平 2年生 枚方ボーイズ – 秀岳館
7 二 堀江航平 3年生 枚方ボーイズ – 秀岳館
8 右 木村勇次 3年生 枚方ボーイズ – 秀岳館
9 投 川端健斗 2年生 南都ボーイズ – 秀岳館

当初、鍛治舍 巧監督の強引なやり方に周りの反発は相当大きかったそうですが、徐々に選手たちの頑張りが認められ、それが受け入れられるようになりました。

でも、全国大会5冠の選手達をまとめて秀岳館に入れさせるってのはさすがに度を越してますね^^;

 

かなり話がそれてしまいましたが、これはどうしても触れておきたかったのでご勘弁を!

こうして九鬼隆平は秀岳館に入ります。

秀岳館では、当然の如く1年生の春から早速ベンチ入り。

2年生の秋からは、正捕手の座を掴み、キャプテンで4番を任されるようになります。

すると2016年春には、センバツベスト4!

続く夏も圧倒的な強さで県大会を勝ち抜き、甲子園出場を決めます!

九鬼隆平 出身中学 父親 彼女 母親
九鬼隆平は県大会でも4番として、4割近い打率でチームに大きな貢献をしています。

ちなみにこの記事を書いている時点で、秀岳館はベスト4まで勝ち進んでいます。

また秀岳館のショート、松尾大河は枚方ボーイズからの同胞になります。

九鬼隆平の両親は?

【父】
父親の名前は、九鬼義典さん。

九鬼隆平 出身中学 父親 彼女 母親
徳島県立池田高等学校出身で、何と全国制覇した事もある名捕手です。

父義典さん(46)は1986年センバツで優勝するなど、春夏計4回甲子園に出場。

池田の黄金期を支えた。

社会人野球の松下電器(現パナソニック)でも活躍し、ベストナインに3回選ばれた。

このように、かなり有名な野球選手だったようですね。

その父に厳しく捕手の基本を叩きこまれたと言います。

ちなみにお父さんは現在、パナソニック野球部で「ブルペン担当兼アナリスト」という役職についています。

【母】
母親の名前は、九鬼昭子さん。

九鬼隆平 出身中学 父親 彼女 母親
元東洋紡オーキス(バレーボールチーム)のセッターだったそうです。

ちなみに現在は廃部になってます。

九鬼隆平に彼女はいるの?

九鬼隆平選手の彼女に関する情報はないですね。

ただ世間様の反応を見ると、イケメンだってすごい噂ですね。



仮に今彼女がいなくても、地元に帰ったらすごい事になりそうですね^^;

 まとめ

「九鬼隆平(秀岳館)の出身中学や父親は?彼女や母親も気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

九鬼隆平は、アスリートの両親から生まれたサラブレッドだった訳ですね。

もちろん本人の努力が一番ですが、元々運動の才能は親譲りの所はあるかも知れませんね。

 

センバツベスト4以上の成績を残す為にも、父親に追いつくためにも、是が非でも優勝したい所ですよね!

甲子園での活躍とドラフトを楽しみに見守りたいと思います。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク