今回は、こいのぼりを上げる意味や由来について、

さらに、いつまでこいのぼりを上げるのか

なぜ鯉(こい)なのか

疑問に思っている人もいると思いますので

簡単にわかりやすく書いていこうと思います。

 

というか、僕自身が

そんな意味とか考えた事もなかったので(笑)

子どもに聞かれて

調べてみました。

 

なるべく、子どもが読んでも

わかるように

書ければと思います。

 

家の庭には、こいのぼりが元気に泳いでいますよ~^^

スポンサーリンク




 

こいのぼりを上げる意味や由来は?いつまで上げるの?なぜ鯉なの?

gold_450_2
 

こいのぼりを上げる由来は?

これは、江戸時代までさかのぼります。

 

江戸時代のお偉いさん達に男の子が生まれると

のぼりを立ててお祝いしていました。

この時点ではまだ、こいのぼりではないですね。

 

それが、次第に庶民にまで広まりますが

お偉いさん達に対抗するために

のぼりに「鯉(こい)」を書きました。

 

これが、こいのぼりの始まりですね。

 

こいのぼりを上げる意味は?また、他の魚ではなく、なぜ鯉(こい)なのか?

こいのぼりを上げる意味と

なぜ鯉なのかは、答えが一緒なので

同時にお答えしますね。

 

理由は2つあります。

 

鯉は、清流だけじゃなく池や沼でも生きられる

生命力の強い魚だから、

我が子にも元気に育って欲しいとの願いを込めた。

 

鯉が、激流や滝を登って天に登り竜になった

という中国の伝説があり、我が子の出世と成長を願った。

この2つの理由で他の魚ではなく「鯉」に

なった訳ですね~。

 

と同時に、こいのぼりを上げる意味は

我が子が健やかに育って欲しい!

との親心って事ですね。

 

なるほど~、納得(・∀・)

スポンサーリンク




 

こいのぼりは、いつまで上げるの?

早速、結論を申し上げると、

特に決まりはないという事ですね。

 

お雛様のように、片付けるのが遅いと

嫁にいけなくなるよ~というような

事もないです。

 

ただ、一般的には

4月中旬位に出して

5月5日を過ぎると片付ける事が

多いですね。

 

また、片付ける日は

日柄のよい「大安」

選ぶ事が多いみたいですよ。

 

 

そっか~、特に決まりはないんですね。

でも、さすがに梅雨時まで飾ってるのは

おかしいよね^^;

 

近所の○○さんの家は、毎年、梅雨時

まで飾ってますが。。。

 

まとめ

さて、「こいのぼりを上げる意味や由来は?いつまで上げるの?なぜ鯉なの?」

という事で書いてきましたが、皆さんわかりました?

 

最後に、ちょっと疑問に思ったので調べたのですが、

こいのぼりには色んな色や種類がありますよね?

 

これは、男の子だけじゃなく

女の子の成長も願うという事が理由のひとつ

みたいですよ。

 

これで、いろいろと

子どもに聞かれても答えられるね^^

 

それでは、今日はこの曲でお別れです(笑)



ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク