今回は、第7回「ミスヤングチャンピオン」のグランプリの一人に選ばれた、竹本茉莉(たけもとまつり)に注目します。

竹本茉莉の出身大学などwikiやプロフィールをまとめてみたいと思います。

また、気になる彼氏についても調べてみますね。

スポンサーリンク



竹本茉莉のwikiやプロフィールは?出身大学や彼氏が気になる!

竹本茉莉 wiki プロフィール 出身大学 彼氏

竹本茉莉のプロフィールは?

◆プロフィール

1994年1月31日生まれ

A型

身長160cm

京都府出身

スリーサイズ B85/W58/H84

特技 水泳、スペイン語、習字、 なんでも食べられる(ゲテモノOK)

2015年10月から芸能活動を始めたばかりの新人で、モデルや女優として活躍しています。

また、別の名を「虫食いアイドル」「ゲテモノ食いアイドル」と言うそうです。

 

プロフィールにも書いてある通り、ゲテモノが好きだそうで、下の記事にも書いてあるんですが、サソリやイモムシが好きだそうです。

イモムシって・・・これっすよ^^;

竹本茉莉 wiki プロフィール 出身大学 彼氏
嫌~(;・∀・)

変な画像貼ってすいません。。。

だって、これが好きってアイドルすごいわ!

さすがに、サソリの画像はやめておきますね。。。

 

それと、食べたい虫は「ゴキブリ」とか言っちゃってます。


周りは、ドン引きですね^^;

ゴキブリは、菌を撒き散らしてるイメージあるから食べられないでしょー。

わからんけど、ぜひ何かの企画でやってもらいたいですね。

 

あと、竹本茉莉の出身大学ですが、おそらく明治大学じゃないかと思います。

このツイッターのやり取りから推測しただけなんで、正しいかどうかはわかりませんが^^;

何か情報が入れば、追記しますね。

 

それでは、ここからは竹本茉莉さんの出演作品を紹介したいと思います。

スポンサーリンク




◆出演作品

2015年10月から芸能活動を始めていますが、その前から舞台には出演していたみたいですね。

オフィシャルプロフィールを確認すると、2012年、2013年と舞台に出ています。

ここで紹介するのは、あくまでも芸能活動を始めてからのものになります。

 

★2016年4月 アイドルグループ「gra-DOLL(グラドール)」

竹本茉莉 wiki プロフィール 出身大学 彼氏
ただこれは、正式メンバーではなく、あくまでも候補生という事らしいです。

いわゆる、地下アイドルってやつですね。

僕もよくわからない分野です^^;

 

★舞台「探偵学園薔薇戦士」


どんな舞台だか全然わからないですけど、何か可愛い女性がたくさん出演するような感じですかね。

アイドルみたいな子がたくさんいそう^^

 

★舞台「陰陽よろず屋 開業中!」

谷本さちちゃんと言う役みたいですが、どんなお芝居をするんだろうね。

動画等ないし、全然わからないっす!

こりゃもう観に行くしかないですかね。

 

★撮影会

あとは、ナイスバディなのでグラビアやこういった撮影会を頻繁に開いてますね。

かなり胸を強調した画像が多くて載せられません^^;

興味がある方は検索すればたくさん出てくるので調べてみて下さい。

 

そしてこの度、冒頭でも書きましたが、

第7回「ミスヤングチャンピオン」のグランプリに選ばれていますね。


 

取り敢えず、竹本茉莉さんの紹介は、現状はこんな感じですね。

もう少し詳しく知りたい方は、こちら参照して下さい。
竹本茉莉ツイッター

竹本茉莉に彼氏はいるの?


竹本茉莉の彼氏の噂は全くありませんね。

と言うか、まだそう言ったスキャンダルが発覚するほど有名ではないですからね。

 

現状、普通に彼氏がいても誰も騒がなそうですから^^;

ただ、今後もっと知名度が上がった時にそう言う情報は出てきそうですけどね。

 

何か情報があれば追記したいと思います。

まとめ


「竹本茉莉のwikiやプロフィールは?出身大学や彼氏が気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

竹本茉莉さんはまだまだ未知数の子で、どう転ぶかわかりませんね。

ただ、ゲテモノが好きで、世界ふしぎ発見の「ミステリーハンター」を目指してるってのは面白いですね。

 

どこかで、ゴキブリ食いに挑戦するような番組に出演したら、一気に知名度が上がりそうですけど^^;

どこかのテレビ局の方、お願いします!

 

ちなみに、ゴキブリが食べられるか検索したら・・・

気持ち悪すぎてさすがに凝視できませんでした。

鳥肌がたちましたよ!!

 

これ、竹本茉莉さんでも絶対無理です!!

 

 

と言う訳で、今後の竹本茉莉さんの活躍に期待しましょう!

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク