ピーチ航空を利用するにあたって、手荷物の料金やサイズについてわかりにくい部分があったので、今後のためにもまとめておこうと思います。

また、値段や大きさだけでなく、重量や個数についてもまとめておきます。

受託手荷物と機内持ち込み手荷物に分けて書いていきます。

スポンサーリンク



ピーチ航空の手荷物の料金やサイズについて!重量や個数もチェック!

ピーチ航空 荷物 重量 料金 サイズ 個数
 

受託手荷物と機内持ち込み手荷物について

・受託手荷物とは
航空会社に預けてしまう手荷物の事
・機内持ち込み手荷物とは
名前の通りですが機内に持ち込む手荷物の事

受託手荷物について

◆重量・大きさ・個数
荷物1個につき20kgまで預けられます。

※注意:受託手荷物1個の申し込みなら、重量が5kgだろうが10kgだろうが荷物は1個までしか預けられません。

例えば、ジェットスターだと受託手荷物を30kgで申し込みしたら、30kgを超えなければ何個でも預けられますよね。ここを勘違いすると、大きな追加料金がとられるので注意が必要です!

 

また、受託手荷物の大きさは3辺の和が203cmまでです。

ただ、厳密に測ってるのを見た事はないんですけどね。
◆料金
受託手荷物料金は、路線によって違います。

★路線1
大阪(関西)=東京(成田)/松山/福岡/長崎/宮崎/鹿児島


ピーチ航空 荷物 重量 料金 サイズ 個数
★路線2

大阪(関西)=札幌(新千歳)/仙台/沖縄(那覇)/石垣

東京(成田)=札幌(新千歳)/福岡/沖縄(那覇)

福岡=沖縄(那覇)

ピーチ航空 荷物 重量 料金 サイズ 個数
・ハッピーピーチは1個目から料金がかかりますが、ハッピーピーチプラスは申し込んだ時点で1個目は無料になっています。

これは、どの路線でも一緒です。

預ける荷物が1個しかないのに、ハッピーピーチプラスを申し込むのと同時に受託手荷物を申し込んだら損なので注意して下さい。

スポンサーリンク




・重量超過料金は、20kg以上32kgまでの荷物に適用されます。

1個の荷物は、出来るだけ20kgまでに抑えましょう。

21kgでも高い超過料金がとられてしまいますよ!

 

・下記の重量や大きさを超えた荷物は預けられないので注意!

①お一人様合計100kgを超えるもの

②一個当たりの荷物重量が32kgを超える大型手荷物

③3辺の和が203㎝を超える手荷物

 

・表を見ればわかると思いますが、ネットでの申し込みがかなりお得です。

折角安いLCCを利用するのですから、ネット以外の申し込みは正直ありえないですね。

 

国際線については、申し訳ないのですが、こちら参照して下さい。
国際線受託手荷物料金表

また、スポーツ用品の種類や細かい規定に関してもこちら参照して下さい。
受託手荷物に関して

機内持ち込み手荷物について

ピーチ航空 荷物 重量 料金 サイズ 個数
機内に持ち込めるのは記載の通り、

身の回りのもの(ハンドバッグ、カメラ、傘など)+手荷物の合計2個になっています。

また、重量が10kgまでで大きさも決まっています。

 

ちなみに、大きさに関しては、下記の画像のように荷物をいれて確認します(空港によってやったりやらなかったり)。

ピーチ航空 荷物 重量 料金 サイズ 個数
そして、細かい大きさについては下記を参照して下さい。

ピーチ航空 荷物 重量 料金 サイズ 個数
機内持ち込み手荷物は、「身の回り品+他1個」となっていますが、どこまでを身の回り品と判断しているのかよくわかりません。
今までの経験上、トートバッグ2つでもOKでしたし、トートバッグ+リュックでもOKでしたし、またはパソコン+リュックでもOKでした。
明確に確認している従業員はいないように感じます(特に成田)。
一応、思ったことを書きましたが、かと言って今後はわかりませんし、たまたまかも知れませんので自己責任でお願いします。

いずれにしろ、追加料金を払わなくて済むように荷物は少ない方が賢明です。

まとめ

「ピーチ航空の手荷物の料金やサイズについて!重量や個数もチェック!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

ピーチ航空を始めて利用した時に、ホームページがわかりずらいな~とずっと感じていたので、こうしてまとめてみました。

何回も乗ってれば次第にわかってきますが、始めての人は荷物預け入れの規定が、本当にわかりずらいんじゃないかと思います。

 

文中にも書きましたが、折角LCCを利用するのですから出来るだけ損をせずに安く乗りたいですよね。

少しでも役に立てば幸いです。

 

※文中の画像は全てピーチ航空のホームページから引用しました。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク