イチローの兄である、デザイナー「鈴木一泰」さんの出身高校や大学、経歴など、wikiを書いていきたいと思います。

ちなみに「すずきかずやす」と読みます。

 

また、鈴木一泰さんの娘や妻など家族についても調べてみますね。

 

あと、鈴木一泰さんがデザインした帽子やキャラクターなども紹介出来ればと思います。

スポンサーリンク



鈴木一泰(イチロー兄)の娘や帽子が気になる!大学や経歴も調べてみた!

鈴木一泰 イチロー兄 娘 帽子 大学 経歴
 

鈴木一泰のプロフィールや経歴は?

◆プロフィール

1968年11月3日生まれ

47歳

神奈川県生まれ(愛知県育ち)

愛知工業高校建築科卒業

中央工学校建築設計科卒業

資格 一級建築士

カズヤス・ワークス株式会社代表取締役

まず、イチローのお兄さんである鈴木一泰さんですが、

大学ではなく中央工学校という専門学校を卒業しています。

中央工学校と言っても聞き慣れない学校なので一応リンクを貼っておきますね。

専門学校 中央工学校

 

こうして、中央工学校を卒業した鈴木一泰さんは、工務店に勤務します。

その後、建設会社勤務を経て、デザイナーという職業についていますね。

 

ちなみに、現在は「カズヤス・ワークス株式会社」の代表取締役です。

この会社名になる前、2004年に「有限会社アール・フォース」という会社を設立していますが、

2009年に社名を変更しています。

 

では、ここからはデザイナー鈴木一泰さんの作品を、いくつか紹介していきたいと思います。

★コブラクションテープ

鈴木一泰 イチロー兄 娘 帽子 大学 経歴鈴木一泰 イチロー兄 娘 帽子 大学 経歴SUW(スゥー)という会社を97年にアメリカで立ち上げていますが、そのブランドから発売されたテーピングです。

これは、たくさんのアスリートやスポーツ選手が愛用する大ヒット商品になりました。

 

ちなみに、こちらのサイトで鈴木一泰さん本人が貼り方等を説明しています。

貼るだけでパフォーマンスアップをサポートする、SUWのコブラクションテープ!

 

★イチローのニット帽

鈴木一泰 イチロー兄 娘 帽子 大学 経歴鈴木一泰 イチロー兄 娘 帽子 大学 経歴イチローのニット帽だけじゃなく、練習着、バット、スパイクなどイチローの身に着けている大半の物をデザインしているそうです。

イチローのニット帽は、こちらから買えますよ。

SUWオフィシャルオンラインショップ

 

★さんまのスーパーからくりTV「もす!T-shirts」

 

鈴木一泰 イチロー兄 娘 帽子 大学 経歴「ボビー・オロゴンのK1チャレンジ」という企画で、スタッフ用にデザインされたTシャツ。

後に、イチローも着ていた事もわかり話題となっていました。

スポンサーリンク




★ドワンゴ携帯キャラクター「インコちゃん」

鈴木一泰 イチロー兄 娘 帽子 大学 経歴ドワンゴの会長から直々に依頼を受けて制作したそうです。

CMやホームページなどいろんな所で目にしましたね!

 

★BS11のイメージキャラクター「BEAMO」

鈴木一泰 イチロー兄 娘 帽子 大学 経歴
 

取り敢えず紹介はここまでにしますが、鈴木一泰さんのデザインしたものはまだまだたくさんあります。

もっと詳しく知りたい方はこちら参照してください。

カズヤス・ワークス株式会社

 

または、こちらのブログも見てみて下さい。

鈴木一泰オフィシャルブログ

 

鈴木一泰の娘や妻について!

鈴木一泰さんの娘さんは、何と芸能人なんですね!

鈴木来海(すずきくるみ)さんと言います。

 

イチローの姪になるんですね。

2009年に芸能界デビューをしています。



ドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』のDVD発売記念イベントに、大沢あかねとともに出演しました。

鈴木一泰 イチロー兄 娘 帽子 大学 経歴
このイベント時は11歳でした。

現在は18歳になりますが、最近は何をしているんでしょうね。

全く姿を見ませんね^^;

 

ちなみに、鈴木一泰さんの妻は鈴木圭子さんと言いますが全く情報がありません。

おそらく、一般人なので情報がないんだと思われます。

 

まとめ

「鈴木一泰(イチロー兄)の娘や帽子が気になる!大学や経歴も調べてみた!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

鈴木一泰さんがイチローのお兄さんだと言うのは、知る人ぞ知るって感じですかね。

僕は、なぜか知ってましたけど^^;

 

今後はデザイナーとして、弟のイチローを超える位の有名人になってもらいたいものですね。

 

これからの鈴木一泰さんの活躍を期待しています!

 

それでは、ここまでお読み頂いて、ありがとうございました。

スポンサーリンク