今回は、自伝的映画「ハイヒール革命」が公開される事になった、ニューハーフの真境名(まじきな)ナツキさんに注目します。

真境名ナツキさんの出身地や年齢など、wikiやプロフィール、そして経歴を書いていきたいと思います。

 

また、真境名ナツキさんの本名や学歴も調べてみますね。

スポンサーリンク



真境名ナツキのwikiや経歴は?本名や学歴を調べてみた!

 

真境名ナツキ まじきななつき wiki 経歴 本名 学歴

真境名ナツキのwikiや経歴は?


本名 真境名薫

1987年8月26日生まれ

28歳

O型

身長167cm

東京都出身

趣味 セーラームーン等のフィギュア収集、美しくなるグッズ香粧品の研究

特技 ニューハーフダンス、おかまのジャズダンス

真境名ナツキさんの本名は、真境名薫さんと言いますね。

フェイスブックや映画の紹介欄を確認して頂ければすぐわかりますよ。

 

あと、こんな画像も見つけました。

真境名ナツキ まじきななつき wiki 経歴 本名 学歴左から二人目が真境名薫さんと紹介されています。

朝日新聞だと思うのですが取材を受けているようです。

下記の記事と共に上の画像があったので、LGBTの事で取材を受けているみたいですね。

男子生徒はスカートで―山梨の高校が男女の制服交換

 

 

そして出身高校なんですが、「真境名薫 高校」で検索するとこんな結果がでてきます。

真境名ナツキ まじきななつき wiki 経歴 本名 学歴
ここには、都立大崎高校とありますが、このアカウントは消去されているようで

これがあってるのかどうかはわかりませんでした。

 

 

そして、経歴に関してはほとんど情報がないのでSNSを確認してわかる範囲で紹介していきますね。

まあ、詳しくは映画を見ればわかるんだろうけど^^;

 

まず、高校卒業後は進学せずに、水商売を始めているようですね。

真境名ナツキ まじきななつき wiki 経歴 本名 学歴
2014年の報告で、8年間水商売をやってきていると告白しているので、

ちょうど高校卒業後から水商売を始めたって事になりますね。

 

また、高校卒業後にどこのお店で働いていたのかはわかりませんでしたが、

2013年から1年間は六本木のPARTHENOと言うニューハーフショークラブで働いていたようです。

真境名ナツキ まじきななつき wiki 経歴 本名 学歴真ん中の女性(?)が真境名ナツキさんですね。

スポンサーリンク




このオカマバー退職後、どこで働いていたのかはわかりませんが

2016年3月位から3ヶ月間は「どんずば~」と言うパブで働いていたようですね。

真境名ナツキ まじきななつき wiki 経歴 本名 学歴
真境名ナツキ まじきななつき wiki 経歴 本名 学歴この写真なんか、すごい綺麗なお姉さんに見えますね。

この写真からは、とてもニューハーフとは思えません^^;

 

で、現在は、映画のプロモーションとともに「カマちゃん倶楽部」のメンバーとして活躍しています。

ちなみにカマちゃん倶楽部とは、ニューハーフアイドルグループの事ですね。

打倒AKBだそうです^^;



それと、よくわかりませんが、ブログでは職業が主婦になってるんですが結婚でもしたんですかね??

 

 

あと、真境名ナツキさんの高校生までの経歴などは情報がなかったので、

映画「ハイヒール革命」のあらすじ紹介みたいになってしまうのですが・・・一応書いておきます^^;

 

★真境名ナツキさんは、小学生に上がる頃から自分が男である事に違和感があり、

中学生の時には自分が女子の制服を着たくても誰にも理解されない抑圧された環境

苦しんだそうです。

 

しかし、高校では女子バレー部のキャプテンとして活躍するなど生活がかなり変化しています。

 

そして、10代の終わりに手術を決心するようなのですが。。。

 

この先は、申し訳ないのですが映画を見て確認して下さい^^;

 

取り敢えず、収集がつかなくなったので、ここで終わりにしたいと思います。

また、真境名ナツキさんの今後の情報はこちらで確認できるので興味があればどうぞ!

真境名ナツキオフィシャルウェブサイト

 

まとめ

「真境名ナツキのwikiや経歴は?本名や学歴を調べてみた!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

何かよくわからない文章になってしまいましたが、詳しい事がわかったら追記していきますね。

 

また、真境名ナツキさんが今後どのような方向性で仕事をしていくのかわかりませんが、

映画で知名度が上がったらぜひテレビ出演もしてほしいですね。

 

今後の活躍に期待したいと思います。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク