今回は、かなり昔ですが「学校へ行こう」というテレビ番組で

人気を博していたCo.慶応(コウケイオウ)についてです。

 

(読み方がコーケイオーだか、コウケイオウだか、コーケイオウだか

文字にしてみるとわからんね^^;)

 

現在、ユーチューバーとしてまた話題になっているので

取り上げてみました。

 

Co.慶応の本名や年齢などwikiやプロフィールを調べてみます。

 

また、現在、彼女はいるのか結婚はしているのかも

調べていきますね。

スポンサーリンク



C0.慶応(コーケイオウ)の本名や年齢は?髪の毛や結婚が気になる!

E1438146279705_5573_1
 

C0.慶応(コーケイオウ)のプロフィールは?

まずはじめにお伝えしておきますが、

Co.慶応さんはあまりプロフィール的な事を

公にしていないため情報が少ないです^^;

 

大変申し訳ないのですが、それを踏まえて

お読みください(´・ω・`)

 

まず、本名ですが

これに関しても公に公表していないため

わかったのが名字までです(^_^;)

名字は高(たか)というそうです。

 

あるインタビューで答えていましたよ。

「ハハハッ! 僕の芸名、実は番組ディレクターに付けてもらったんです。僕の苗字は『高(たか)』ですが、それを『高(こう)』と勘違いしたのか、steady & co(※当時流行っていたラップユニット)と掛けて付けてくれました。読み方が間違っているので本当は掛ってないんですが(笑)」(Co.慶応)

 

そして、年齢ですが

これも公表していないんですねー(^_^;)

わかってるのは、

4月21日生まれだという事のみです。

 

ただ、「学校へ行こう」に出演していたのが2002年で

その当時、現役の慶應義塾大学の学生だったので

現在は32歳~35歳位ですかねー。

 

では、その当時の映像が残ってるので

見てみましょうか!



 

おー、なつかしい(*´ω`*)

僕の世代で流行ってたんで、今の子達は

間違いなくわからないよね^^;

 

Co.慶応さんは「B-RAP HIGH SCHOOL」という

コーナーでお勉強ラップを披露して

人気者になっていましたね。

 

あと、いらない情報かもしれないですが、

Co.慶応さんは帰国子女で英語がペラペラです^^

 

英語でもラップやったら、かっこいいのにね。

 

Co.慶応は現在、何をやってるの?

Co.慶応さんは現在、ユーチューバーになっていました!

おなじみのお勉強ラップを本格的に作詞作曲して

動画を作成して配信しています。

 

チャンネル登録者が4万人以上いる人気のユーチューバーの

ひとりになっていましたよ。

スポンサーリンク




では、その動画をひとつだけ見てみますか^^



 

完成度が高いですね!

曲としても動画としても^^

 

それに、歌が昔より格段に上手くなってる(*^_^*)

 

もしよければ、Co.慶応さんのユーチューブのリンクを貼っておくので

興味があればどうぞ^^

動画は100本以上ありますよ。

お勉強ラッパーCo.慶応さん

 

あと、CDも出してました!

Co.慶応のCD

 

Co.慶応に彼女はいるの?

はい、情報が全くないですね^^;

 

Co.慶応さんは、ほぼ一般人ですからね。

 

ただ、そろそろ適齢期だって気はしますよね。

 

今後、メディアへの露出が増えれば

そういった情報も入ってくるんじゃないかなー。

 

Co.慶応の髪の毛は?

Co.慶応さんは、昔から常に帽子をかぶってますからね。

 

おそらく、皆が気になるのは某一茶さんと同じく

ハゲてるんじゃないか疑惑ですね(^_^;)

 

ネットで見つけられた帽子なしの画像は

これだけでした。

69ba481482e090ff5e1371b53c6a11e6_large
 

確かに薄い気はしますけど、この画像だけでは

よくわからないですね^^;

 

でも、薄いのは確かです(^_^;)

 

まとめ

「C0.慶応(コーケイオウ)の本名や年齢は?髪の毛や結婚が気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

あのC0.慶応が今だにラップをやっていたのには

驚きです。

 

今の子は、ユーチューバーC0.慶応しか知らないと

思いますが、僕みたいな「学校へ行こう」世代には

何か不思議な感じです。

 

ユーチューバーとして人気を博しているので

今後はまたテレビの出演も増えるかも知れないですね。

 

今後のC0.慶応の活躍を応援していきたいと思います。

 

それでは、ここまでお読み頂いて、ありがとうございました。

スポンサーリンク