今回は、黒騎士と白の魔王のCMに出演している、ライオンコスプレのセクシーな女性が誰なのか調べてみました。

「お前それ黒騎士でも同じこと言えんの?」が決め台詞の女性ですが、胸の谷間が最高ですね〜!

こんな女性に僕もいじめられたい・・・。

スポンサーリンク



黒騎士と白の魔王CMの女優は誰?セクシーな女性モデルが気になる!

黒騎士と白の魔王 CM 女優 セクシーな女性モデル

黒騎士と白の魔王のCMに出演している女性は誰?

まずは、こちらのCMをご覧下さい。

3バージョンありますが、全部載せておきますね。







いや〜、何度見てもセクシーですな〜^ ^

そしてこの女性の名前ですが、アンジェラ芽衣(めい)さんと言います。

 

では、アンジェラ芽衣さんがどんな方なのか見て行きましょう!
♦︎プロフィール

1997年4月29日生まれ

O型

埼玉県出身

身長172cm

スリーサイズ B92/W62/H90

趣味 アニメ・ゲーム・漫画・コスプレ

アンジェラ芽衣さんは、主にモデルとして活躍している方ですね。

昔、一世を風靡したリアディゾンに似ている事から、「黒船再来」と言われ話題になっています。

黒騎士と白の魔王 CM 女優 セクシーな女性モデル
この画像の女性がリアディゾンですが、確かに似てますよね。

今はもう結婚して、子供もいますよ。

 

そしてアンジェラ芽衣さんですが、特筆すべきはそのスタイル!

高身長な上、お胸がなんとGカップ!!

それでいて、趣味の一つが「コスプレ」

男性には堪りませんです^^;

高校1年生の頃からコスプレをしていたそうですが、そりゃあ注目されますよね。



詳しくはこちらのインタビューで話しているので、よかったら見てみて下さいね。

インタビューを聞いてわかるように、アニメやゲームが好きなオタクちゃんらしいですよ。

見た目とのギャップがすごいです^^;

でも、飾らない感じが好印象ですね。

スポンサーリンク



ちなみに注目されるきっかけは、「関東女子高校生ミスコン2014」でグランプリを獲得した事になります。

黒騎士と白の魔王 CM 女優 セクシーな女性モデル
黒騎士と白の魔王 CM 女優 セクシーな女性モデル
他の参加者と比べると、頭一つ分以上、大きいですね^^;

ちなみにこのコンテストには、山本結巳(やまもとゆみ)という名前で出場しています。

おそらく、この名前が本名ですね。

 

また、見た目からもわかると思いますが、アンジェラ芽衣さんはハーフなんですよね。

お父さんが日本人で、お母さんがフィリピン人です。

最近、日本人とフィリピン人のハーフタレントが増えてますが、本当に外れがないというか、みんな綺麗ですよね。

有名どころだと、秋元才加さんやざわちんですが、僕は池田エライザさんが一押しです!
♦︎出演作品
ではここからは、アンジェラ芽衣さんがどんな仕事をしているのか紹介しますね。

★雑誌「週刊プレイボーイ」

2017年3月に現在の事務所に入ったと思ったら、その半年後には週プレでいきなり表紙ですからね!

この雑誌のおかげで、一気に人気者になりましたね。

このルックスに、このスタイルは反則です^^;

 

★テレビ番組「「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」

人気テレビ番組に出演した事で、またまた知名度が一気にアップしました!

広瀬すずちゃん注目の美少女として、アンジェラ芽衣さんが紹介されてました。

本人は、相当緊張してたそうですよ。

 

★CM「「ふんわりルームブラ」



もうため息が出るくらい綺麗です。

いや〜、何度も書きますが、お胸が堪りませんね・・・。

ほんまに綺麗!!

 

取り敢えず簡単ですが、アンジェラ芽衣さんの紹介はここまでです。

今回のCMはインパクトがあるので、一気に知名度が上がる可能性があります。

2018年のカレンダーですが、売り切れる前にどうぞ〜!

【送料無料】 2018年カレンダー / アンジェラ芽衣 / 18CL-0197 [11/4発売]

 

また、最新情報等はこちら参照して下さいね。

アンジェラ芽衣オフィシャルサイト

まとめ

「黒騎士と白の魔王CMの女優は誰?セクシーな女性モデルが気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

黒騎士と白の魔王のCMに出演しているセクシーな女性は、アンジェラ芽衣さんでした。

間違いなく、これからもっと注目されて人気が出て来るでしょうね。

 

グラビアのお仕事だけじゃなく、テレビの仕事も増やしてくれたら嬉しいな〜。

アンジェラ芽衣さんが憧れている、ローラとの共演が早く見てみたいです。

これからのアンジェラ芽衣さんの活躍が楽しみですね!

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク