今回は、「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦IX」に出演して話題の、蒼木陣(あおきじん)に注目します。

蒼木陣さんですが、こんな番組に出れるくらい運動神経がよかったんですね〜!

びっくりです!

そんな蒼木陣さんの出演作品など、wikiやプロフィールをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク



蒼木陣の筋肉や猫が話題!テニミュやナルト出演で人気急上昇!

蒼木陣 筋肉 猫 テニミュ ナルト

蒼木陣の筋肉について!

「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦IX」に蒼木陣さんが出演する事になって、初めてこんなに筋肉質な方だって知りました^^;

ファンの間では、周知の事実なのかも知れませんが・・・。

 

ちなみに、先の番組のホームページで、蒼木陣さんの筋肉が披露されていました。

蒼木陣 筋肉 猫 テニミュ ナルト
胸筋と腹筋が半端ないですね!

僕もこんな体になりたいわ〜^^;

蒼木陣のプロフィールは?

♦︎プロフィール

1992年5月26日生まれ

B型

大阪府出身

身長172cm

趣味 猫と遊ぶ、たい焼き屋巡り

特技 ブレイクダンス(中1~現在)、アクロバット(中1~現在)、器械体操(小6~高3)

サンミュージック所属

蒼木陣さんは、主に舞台俳優として活躍している方ですね。

中学の頃の同級生である本田礼生さんに誘われて、俳優になったようです。

そのあたりの経緯については、こちらのブログ記事を読んで見て下さいね。

 

そして、趣味が「猫と遊ぶ」とあるように、大の猫好きとして有名なんですよね。

「ねこ男子」なる本にも出演してましたしね。

蒼木陣 筋肉 猫 テニミュ ナルト
蒼木陣 筋肉 猫 テニミュ ナルト
営業ではなく本当に猫が好きなようで、SNSも猫の画像がいっぱいです。

僕も大の猫好きなんで、見ててすごい癒されます^ ^

 

また、サンミュージックに所属する若手の俳優さんで組んだ「SUNPLUS(サンプラス)」と言うユニットのメンバーでもあります。



サンプラス・・・初めて聞いたな〜^^;

ユニットを組んでるんですが、歌を出してるとかではないんですね・・・。

ちなみに、メンバーを見ると、案の定みんなイケメンです!

♦︎出演作品
ではここからは、蒼木陣さんがどんな作品に出演してるのか、いくつか紹介しますね。

★2015年「ライブ・スペクタクル NARUTO -ナルト-」

蒼木陣 筋肉 猫 テニミュ ナルト
蒼木陣 筋肉 猫 テニミュ ナルト
メインキャラではありませんが、アンサンブルにて出演していたようです。

この頃から、蒼木陣さんのファンは結構いたみたいですね。

まあ、かなりのイケメンですから、チェックしていた女子が多かったんでしょうね。

スポンサーリンク



★2015年「ミュージカル・テニスの王子様3rdシーズン」

蒼木陣 筋肉 猫 テニミュ ナルト
蒼木陣 筋肉 猫 テニミュ ナルト
山吹中の喜多一馬役で出演。

蒼木陣さんを一躍有名にした作品です。

テニミュは人気の高い作品ですから、出演しただけで一気に知名度上がりますね。

 

★2016年 舞台「プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE」

蒼木陣 筋肉 猫 テニミュ ナルト
蒼木陣 筋肉 猫 テニミュ ナルト
主演の藤原尊役で出演。

蒼木陣さん、初めての主演作品になりますね。

エクストリームスポーツ「ストライド」を舞台にした物語で、運動神経が抜群な蒼木陣さんにうってつけの役だったんじゃないでしょうか。

 

★2016年〜テレビ神奈川「猫のひたいほどワイド」



あまりいい動画がありませんでしたね^^;

情報バラエティ番組で、色々な企画に挑戦していたようですよ。

ちなみに、蒼木陣さんは月曜日レギュラーでしたが、すでに卒業しています。

神奈川では人気番組だった・・・のかな。

 

他にも、「レノア デオドラントビーズ」のCMにも出演していたそうですが、動画は見つからず^^;

蒼木陣 筋肉 猫 テニミュ ナルト
小島よしおさんと共演したようですよ。

剣道着姿が、とても似合ってますね。

 

取り敢えず簡単ですが、蒼木陣さんの紹介はここまでです。

今後の最新情報等は、こちら参照して下さいね〜。

蒼木陣オフィシャルサイト

まとめ

「蒼木陣の筋肉や猫が話題!テニミュやナルト出演で人気急上昇!」

と言うことで書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

蒼木陣さん、舞台好きな女性の間では大人気のようですが、まだ一般的には知名度はあまり高くないのかな。

舞台以外にも、テレビ番組にもう少し出てくれればね〜。

 

こんなイケメンですから、女子がほっとかないと思いますよ。

今後の蒼木陣さんの活躍に期待ですね!

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク