今回は、JR東日本所属のドラフト注目選手、田嶋大樹(たじまだいき)投手に注目します。

田嶋大樹投手の高校時代の成績など、wikiやプロフィールをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク



田嶋大樹投手(佐野日大高校出身)のwikiやプロフィールは?

田嶋大樹投手 佐野日大高校出身 wiki プロフィール

田嶋大樹のプロフィールは?

♦︎プロフィール

1996年8月3日生まれ

栃木県宇都宮市出身

身長182cm

体重75kg

左投左打

最高球速:152km

球種:直球・スライダー・カーブ・フォーク・カットボールなど。

キレのあるストレートと、鋭く縦に曲がるスライダーが大きな武器。



特にストレートの質は一級品で、実際のスピードより速く見えますね。

制球力も徐々に良くなってきていると思います。

間違いなくドラフトでは、1位指名じゃないと取れないでしょう!

スポンサーリンク



♦︎経歴
7歳の頃から野球を始め、小学3年生の時に、学童野球チーム「宝木ファイターズ」で軟式野球を始めています。

田嶋大樹さんは、この頃から投手をやっていましたね。

 

そして中学時代は、硬式野球チーム「鹿沼ボーイズ」に所属。

中学3年生の時には、日本代表として「AA世界野球選手権大会」に出場し、銅メダルを獲得しています。

中学生の頃から、将来有望な選手だったんですね〜!

 

中学を卒業すると、「佐野日本大学高等学校」に進学。

1年生の秋からベンチ入りし、2年生の春には背番号1のエースナンバーを獲得しています。

ちなみに、3年生の春に甲子園に出場し、ベスト4まで勝ち進んでいます。



初戦の鎮西戦では、12奪三振の完封勝ち!

田嶋大樹選手のいいところが全部出たような投球でしたね。

ドラフトでは上位指名が期待されましたが、本人自ら社会人入りを選択しました。

理由は、インタビューで下記のように答えています。

「自信がなかった。基礎体力がなさすぎる。礼儀もなってないし社会のことも全然知らない。勉強してから行く」

社会人野球で経験を積んだ事で、今では2017年のドラフトの目玉ですから!

田嶋大樹さんの選択は間違ってなかったという事ですね。

 

こうして、JR東日本に入社。

JR東日本での活躍はご存知だと思いますが、1年目から公式戦に出場し、今では絶対的エースとして君臨しています。

1年目の2015年には、社会人代表として「BFAアジア選手権」に出場。

パキスタン戦では5回を投げて、7奪三振のパーフェクトピッチングを披露しました。

線が細い割りに体が強く、大きな怪我もせずに、3年間コンスタントに結果を残しています。

 

最後に、田嶋大樹投手の素晴らしいピッチングを再度見てみて下さい。

本当に、成長していいピッチャーになりましたね!

何度見ても、ストレートのキレが半端ないです^^;

プロでも即戦力として活躍できると思いますよ。

まとめ

「田嶋大樹投手(佐野日大高校出身)のwikiやプロフィールは?」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

田嶋大樹投手は、清宮幸太郎・中村奨成とともに、2017年のドラフト目玉選手の一人として注目されています。

まあ、間違いなく1位指名しないと取れないと思いますが、どこの球団に行くのか楽しみですね。

やはり最後は、くじになるのかな・・・。

 

個人的には巨人に欲しいところですが、清宮も中村も捨てがたいしな〜^^;

今の巨人は人材難すぎて、全員欲しいですよね・・・。

 

というわけで、田嶋大樹投手の今後の行方に注目です。

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク