今回は、「クルマ、まるごと。グーネット」の新CM、『まるごと。ダンス』編に出演している女性が誰なのか調べてみました。

赤いワンピース姿で、コミカルなダンスを踊る女性がかわいいですね^ ^

スポンサーリンク



グーネットCMの女優は誰?赤ワンピでダンスをする女性がかわいい!

グーネットCM 女優 赤ワンピでダンスをする女性

グーネットのCMに出演している赤ワンピの女性は誰?

まずはこちらのCMをご覧ください。



いい笑顔で、コミカルなダンスを踊ってますね〜^ ^

この女性の名前は、八木莉可子(やぎりかこ)さんと言います。

 

では、八木莉可子さんがどんな方なのか見ていきましょう!
♦︎プロフィール

2001年7月7日生まれ

A型

滋賀県出身

身長169cm

趣味 読書

特技 習字(八段)、新体操

八木莉可子さんは、モデルや女優として活躍している方ですね。

2015年、芸能事務所エイジアクロスが開催したオーディションTHE NEXT ASIACROSS MODEL AUDITION 2015」でグランプリを獲得し芸能界デビュー。



まだまだ初々しさが残ってて、本当にかわいいですね〜^ ^

このスタイルで、グランプリ獲得時はまだ14歳ですから・・・。

そりゃあ、7851人の中から選ばれますよ!

 

あと、特技である書道がどれくらい上手いのか気になりますよね。

何と言っても八段ですから!

では、八木莉可子さんの書道を紹介します。

グーネットCM 女優 赤ワンピでダンスをする女性
グーネットCM 女優 赤ワンピでダンスをする女性
確かにめちゃめちゃ上手です!

よくわかりませんが、八段て先生になれるレベルじゃないんですかね^^;

よくそこまで極めましたね!

♦︎出演作品
ではここからは、八木莉可子さんがどんな仕事をしているのかいくつか紹介しますね。

★CM「ポカリスエット」



八木莉可子さん、どうやらこのCMが芸能界で初めての仕事のようです。

てか、このCMのインパクトがありすぎて「八木莉可子=ポカリスエットのCMの子」ってイメージがかなり強いです。

一番初めに本当にいい仕事をもらいましたね!

一気に有名になっちゃいましたからね^^;

スポンサーリンク



ついでに、メイキング動画も貼っておきます。



 

メイキングを見ると、かなり過酷な撮影だったのがわかります。

八木莉可子さん、頑張りましたね〜!

それにしても、関西弁が可愛い^ ^

 

♦︎2016年  WEBムービー  au「斬鉄のヒザ神」



この動画が公開されたのが、2016年初めの頃なので、八木莉可子さんがデビューして間もない頃になります。

まだ演技らしい演技はしていませんが、無難にこなしていると思います^ ^

 

★2016年〜「Seventeen」専属モデル

グーネットCM 女優 赤ワンピでダンスをする女性
グーネットCM 女優 赤ワンピでダンスをする女性
2016年8月に、「ミスセブンティーン2016」に選ばれ、専属モデルを務めています。

いつも思うんですが、八木莉可子さんは前髪を下ろしたりしないのかな〜。

個人的には、もう少し髪を切って、前髪を下ろした方が可愛くなると思うんだけどな〜。

 

★2016年7月〜8月 ドラマ「時をかける少女」

八木莉可子さんは、この作品でドラマデビューしています。

アイドル役で歌を歌っちゃってますが、歌唱力は・・・^^;

相当緊張したそうですが、無難にこなしてましたよ。

 

★2017年7月〜 ドラマ「僕たちがやりました」

グーネットCM 女優 赤ワンピでダンスをする女性
増渕ハル 役でレギュラー出演しています。

主人公トビオの妹役ですね。

あまり出番は多くないですが、ナチュラルな演技でとてもいいと思います^ ^

お兄ちゃんの事をちょっとウザく思ってますが、トビオが事件に巻き込まれたと知って、心配してる姿がまたかわいいんですよね〜。

 

取り敢えず簡単ですが、八木莉可子さんの紹介はここまでです。

より詳しい情報は、こちら参照頂ければと思います。

八木莉可子オフィシャルサイト

まとめ

「グーネットCMの女優は誰?赤ワンピでダンスをする女性がかわいい!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

グーネットのCMに出演している女性は、八木莉可子さんでした。

八木莉可子さん、デビューしたての頃から知っていますが、本当に仕事に恵まれていると思います。

ポカリのCM、セブンティーンの専属モデル、ドラマ出演と今のところ順風満帆ですよね!

 

もう少し何かきっかけがあれば、一気に知名度が上がって人気者になるんじゃないかな〜。

今後の八木莉可子さんの活躍に期待ですね!

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク