今回は、ドラフト注目選手、明徳義塾の西浦颯大(にしうらはやと)外野手に注目します。

まず、皆が気になっている西浦颯大さんの筋肉について調べてみます。

また、西浦颯大さんの出身中学など、wikiや経歴もまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク



西浦颯大(明徳義塾)の筋肉や腹筋が話題!中学やドラフトも気になる!

西浦颯大(明徳義塾) 筋肉 腹筋 中学 ドラフト

西浦颯大の筋肉について!

西浦颯大さんを検索すると、「筋肉」「腹筋」「背筋」などと関連ワードが出てきます。

おそらく、この記事を読んだ方達が検索してるんでしょうね^^;

プロも注目する超高校級のプレーは「鋼の肉体」から生み出されている。

「現在の体脂肪率は5%ですが、以前は4%でした。腹筋は8つに割れています。

クリスチアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)に負けないかもしれませんね」と胸を張る。

何を隠そう、僕も西浦颯大さんの腹筋が見たくて検索しちゃいましたから・・・。

クリロナに負けない体ってどんだけだよって思いますよね^^;

西浦颯大(明徳義塾) 筋肉 腹筋 中学 ドラフト
これ以上の体って・・・ぜひ拝んで見たいものですが、残念ながら西浦颯大さんの筋肉画像はありませんでした。

西浦颯大さんが甲子園でもっと活躍して注目されれば、きっと筋肉も公開してくれるはず!

まずは甲子園での活躍を応援しましょう!

 

ちなみに、背筋力は270キロだそうです・・・。

野球選手の平均でも200キロいかないですから、相当な化け物ですね・・・。

西浦颯大のプロフィールは?

♦︎プロフィール

1999年5月21日生まれ

熊本県八代市生まれ

八代市立鏡中学校卒業

身長178cm

72kg

右投左打

西浦颯大さんは、走攻守が揃った総合的な身体能力が高いプロ注目の選手です。

・50mを5秒9で走る俊足で、足を使える



この動画でわかるかな〜・・・。

かなりの俊足ですよね!

 

・ホームランを打つパワーと、バットコントロールの上手さもある



6回の満塁ホームランは圧巻のバッティングでしたね!

とにかくセンスがいい選手です。

 

・強肩の持ち主で、外野からの矢のような送球が素晴らしい

遠投110mで、最高球速が140kmだそうです^^;

本当に何でも出来ちゃう選手です。

 

またドラフトでは、野手なので1位や2位の指名は難しいと思いますが、4、5位辺りで指名されるんじゃないでしょうか。

でも、間違いなくプロ入りする選手だと思います。

現在では、巨人が熱心かもしれませんね。

プロでじっくりと育ててもらいたい選手です。

スポンサーリンク



♦︎経歴
6歳の頃から野球を始め、小学3年生の時に軟式野球を始めています。

そして中学生の時は、「熊本北リトルシニア」で硬式野球をやっていますね。

西浦颯大さんは、中学生の時から有名な選手で、テレビで特集もされたことがあるそうです。

西浦颯大(明徳義塾) 筋肉 腹筋 中学 ドラフト
中学通算32本の本塁打を打ったバッティングで注目されていますが、この頃から走攻守揃った選手でした。

 

また中学3年生の時には、「第2回 IBAF 15Uワールドカップ」に日本代表として出場しています。

西浦颯大(明徳義塾) 筋肉 腹筋 中学 ドラフト
4番は、現在横浜高校の増田珠で、西浦颯大さんは3番を打っていました。

 

中学を卒業すると、高知県の甲子園常連校「明徳義塾高校」に進学。

周りがすごい選手ばかりの中、西浦颯大さんは1年生の春からベンチ入り

 

ご存知、明徳義塾は8年連続で夏の甲子園に出場していますが、1年生の時はメンバー外

2年生の時は4番で出場し、西浦颯大さんの活躍もあり、ベスト4!

ちなみに、2年生夏の甲子園での打率は.429。

本塁打も1本打ってますし、盗塁も5本決めています。

 

3年生夏の甲子園では、現時点(2017年8月13日)で1回戦を突破して、2回戦に進んでいます。



延長12回の激闘で苦しみながらも勝利しています。

西浦颯大さんは2安打を放ち、チームの勝利に貢献していますね。

今年は、去年のベスト4以上を期待したいですね!

まとめ

「西浦颯大(明徳義塾)の筋肉や腹筋が話題!中学やドラフトも気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

西浦颯大さんは身体能力が本当に高い選手ですが、ちょっと絞りすぎて線が細いかもしれませんね。

プロに行くか大学に進学するかはわかりませんが、今のまま順調に成長すれば、間違いなくプロでも通用するような実力はあると思います。

 

個人的には、巨人で活躍する西浦颯大さんが見たいな〜と^^;

今後の活躍に期待したいと思います。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク