今回は、ドラフト注目選手、広陵高校の中村奨成(なかむらしょうせい)捕手に注目します。

まず、中村奨成捕手の彼女や家族について気にしている方が多いようなので、ちょっと調べてみますね。

また、中村奨成捕手の出身中学など、wikiや経歴もまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク



中村奨成捕手(広陵)の彼女や出身中学は?ドラフトや父・母も気になる!

中村奨成捕手(広陵) 彼女 中学 ドラフト 父・母

中村奨成捕手の彼女や家族について!

♦︎中村奨成の彼女について!
中村奨成を検索すると、以下のような関連ワードが出てきます。

中村奨成捕手(広陵) 彼女 中学 ドラフト 父・母
気になるのは、「中村奨成 酒井凜」「中村奨成 彼女」ですよね。

この酒井凜というのは一体誰なんでしょう??

 

ちょっと調べると、広陵高校に同姓同名の子がいます。

中村奨成捕手(広陵) 彼女 中学 ドラフト 父・母
中村奨成捕手(広陵) 彼女 中学 ドラフト 父・母
テニスをやっていて、そこそこ有名な選手のようですよ。

可愛らしい女の子だと思います^ ^

 

ではなぜ、中村奨成と酒井凜が一緒に検索されてるのか・・・。

まあ、調べても何にも情報がなかったのですが、そりゃあ彼女じゃないかと疑ってしまいますよね^^;

人気者の中村奨成捕手ですから、彼女がいても不思議ではないんですけどね。

 

てか、有名だとは言え、まだ一般の高校生なので、あまり深く追求するのはよくないですよね・・・。
♦︎中村奨成の家族について!
小学1年生の頃から野球をやっているので、お父さんが野球経験者なのかな〜と思ったのですが、全く家族については情報がないですね^^;

甲子園で勝ち進むと、よく家族にスポットライトが当たるので、何か情報が出てきたら追記したいと思います。

すいません・・・。

中村奨成のプロフィールは?

♦︎プロフィール

1999年6月6日生まれ

広島県廿日市市(はつかいちし)生まれ

廿日市市立大野東中学校

身長182cm

体重77kg

右投右打

中村奨成は、走攻守が揃った身体能力が抜群の捕手です。

では、その特徴をあげてみますね。

 

・50mを6秒0で走る脚力で盗塁を狙う



盗塁の動画はなかったのですが、間違いなく俊足ですよね。

スポンサーリンク



・高校通算38本塁打のバッティング



広陵高校では、主に3番を任せられています。

 

・肩の強さは高校NO.1⇒二塁到達タイムの最速は1秒75(プロの世界でも2秒を切ったら強肩と言われます)



この肩はエグいね^^;

本当に身体能力抜群の選手ですね!

 

ちなみに、潜在能力は巨人の小林誠司以上だと言われています。

まあ間違いなく、高校時代の小林よりずっと上だと思います。

ドラフトでは、間違いなく上位指名されるでしょうね!
♦︎経歴
小学1年生の頃から軟式野球を始め、中学生の頃は「大野シニア」で軟式野球をやっています。

意外にも中学生の頃は軟式だったんですね!

 

中村奨成は、中学生の頃からバッティングは得意で、4番で捕手をやっていました。

また中学3年生の時は、県大会でベスト8の成績を残しています。

中村奨成捕手(広陵) 彼女 中学 ドラフト 父・母
この写真は、瀬戸内中学生野球大会で優勝した時のものです。

中学生の頃から身体能力は高かったようですよ。

 

そして、甲子園常連の名門「広陵高校」に進学します。

広陵高校では、何と1年生の春からベンチ入りし、1年生の夏には捕手のレギュラーを掴み取っています。



こんな名門校で、1年生の頃からレギュラーって・・・。

と思ったら、バッテリーを組む平元銀次郎投手も1年生の頃からレギュラーを獲得してるんですよね。

このドラフト注目の二人がいながら、今まで甲子園出場経験がないってのは逆にびっくりですけど。

 

ちなみに、甲子園出場経験がないのにもかかわらず、「第28回U-18W杯」の第1次候補選手に選ばれています。

期待の高さがわかりますよね〜。

 

しかしその後、念願の甲子園出場を決めましたね。

この記事を書いている時点で1回戦が終わっていますが、中村奨成の活躍で10-6で逆転勝ちしています。

中村奨成は、2本の本塁打を含む4安打3打点の大活躍!

期待通りの結果を残して、ドラフトではさらに注目度が増すでしょうね!

まとめ

「中村奨成捕手(広陵)の彼女や出身中学は?ドラフトや父・母も気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

中村奨成捕手ですが、念願の甲子園で大爆発しましたね。

まだ1回戦が終わったばかりですが、今後の活躍も大いに期待できそうです。

 

甲子園での活躍以外にも、ドラフトも気になりますよね〜。

間違いなくプロでも活躍できそうな逸材ですから、注目してくださいね。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク