今回は、ドラフト注目選手、花咲徳栄高校の清水達也(しみずたつや)に注目します。

まず、清水達也投手の出身中学など、wikiや経歴をまとめてみたいと思います。

また、清水達也投手の両親についても調べてみますね。

スポンサーリンク



清水達也(花咲徳栄)の出身中学やドラフトは?父親や母親も気になる!

清水達也(花咲徳栄) 出身中学 ドラフト 父親 母親

清水達也のプロフィールは?

♦︎プロフィール

1999年11月3日生まれ

埼玉県出身

身長182cm

体重83kg

深谷市立藤沢中学校卒業

右投右打

最高球速:149km

球種:直球・フォーク・スライダー・カーブなど。

 

常時140kg台の伸びのある直球と、多彩な変化球を投げる投手。

特にフォークは空振りもとれ、清水達也投手の大きな武器!

でも、制球にばらつきがある印象ですね。



こんな動画しかなくてすいません^^;

清水達也投手は、直球に変化球に、とにかくまとまっているいい投手だと思います。

ただ、ドラフトに引っかかってくるかどうかは微妙なところ。

下位指名で考えている球団はあるかもしれませんが。

でも、フォームの改善など気になる点があるので、大学で鍛え直して4年後の成長に期待したいですね。

将来性がある選手なので、順調に成長してもらいたいな〜と思います。

スポンサーリンク



♦︎経歴
小学1年生の頃から野球を始め、藤沢中学校時代は部活動で軟式野球をやっています。



甲子園で活躍するような選手が、中学時代に軟式は珍しいかもしれませんね。

でも、中学生の頃からいい球投げますね〜!

 

ちなみに3年生の秋には、Kボール「埼玉スーパースターズ」のメンバーに選ばれ、エースとして全国ベスト8になっています。

硬式野球ではなくKボールですが、全国で活躍する実力が中学生の頃にはあったんですね〜。

 

そして中学を卒業すると、甲子園常連の「花咲徳栄高校」に進学。

清水達也投手は、1年生の夏からベンチ入りし、2年生の秋から花咲徳栄のエースとして活躍しています。

ちなみに、去年は大エースの高橋昂也を軸にしたチームで、夏の甲子園に出場!

清水達也投手も、3回線の作新学院戦で、救援ピッチャーとして投げてましたよね。

1.1回1安打1奪三振と、上々の結果を残しています。

 

続く清水達也投手がエースとして迎える3年生の夏。

県大会決勝まで勝ち残り、相手は春の県大会で負けている因縁の相手「浦和学院」。

清水達也投手は、5-2の場面で7回から救援し、被安打ゼロの5奪三振と完璧なピッチングを披露。

見事に3年連続の甲子園出場を決めています!

清水達也(花咲徳栄) 出身中学 ドラフト 父親 母親
今年は清水達也投手が中心のチーム。

去年以上の結果を残せるか今から楽しみですね!

清水達也投手の両親について!

う〜ん・・・いくら調べても、清水達也投手の両親については何にも情報が出てこないです^^;

幼い頃から野球をやっているという事なので、お父さんが野球経験者かな〜と思ったので調べてみたのですが・・・。

 

甲子園で活躍すれば、大抵の場合、両親にスポットライトが当たるので、何かわかったら追記したいと思います。

すいません・・・。

まとめ

「清水達也(花咲徳栄)の出身中学やドラフトは?父親や母親も気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

清水達也投手について色々と書きましたが、超高校級の投手であることは間違いありません。

予選でも2点しか取られていませんし、並みのバッターでは打てませんよね!

 

ただ甲子園には、化け物みたいなバッターがたくさんいますし、どんなピッチングを見せてくれるのか楽しみでなりません。

高校卒業後は、おそらく大学に行くんだと思いますが・・・失礼ですね^^;

4年後にはもっとすごいピッチャーになって、プロで活躍してくれるのを期待しています。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク