今回は、ドラフト注目選手、広陵高校の平元銀次郎(ひらもとぎんじろう)投手に注目します。

まず、平元銀次郎投手の気になる父親について調べてみたいと思います。

また、平元銀次郎投手の出身中学など、wikiや経歴もまとめてみますね。

スポンサーリンク



平元銀次郎(広陵)の父親やドラフトは?出身中学もチェック!

平元銀次郎(広陵) 父親 ドラフト 中学

平元銀次郎の父親について!

平元銀次郎投手を検索すると、一番始めに「父」と関連ワードが出てきます。

多くの方が、平元銀次郎投手のお父さんについて知りたがっているようですね。

 

しかーし・・・いくら調べても何の情報も出てきません^^;

中学から注目されるほどの投手になったわけですから、お父さんも野球経験者で、息子に指導したりとかしてそうですけどね。

 

お父さんについては、広陵高校が勝ち進めば、何らかの情報は出てくるでしょう。

何か情報があれば追記したいと思います。

平元銀次郎のプロフィールは?

♦︎プロフィール

1999年9月30日生まれ

福岡県福智町出身

身長180cm

体重73kg

左投左打

福智町立金田中学校卒業

最高球速:146km

球種:直球・スライダー・チェンジアップ・カーブ・ツーシームなど。

 

伸びのあるストレートと、キレのある変化球で三振が取れるピッチャーです。



ドラフトは、現時点では正直、上位指名は厳しいかな〜と言ったところ。

下位指名はありそうですが・・・。

でも将来性がある投手なので、まずは大学に行って4年後に期待したいですね!

ただ、甲子園の活躍次第では、去年の今井達也投手みたいに、一気に化ける可能性もありますよ。

スポンサーリンク



♦︎経歴
小学2年生の頃から野球を始め、金田中学校時代は硬式野球チーム「西日本スコーピオン」に所属。

やはり甲子園で活躍する選手の多くが、中学から硬式野球をやってるイメージですね。

3年生の時は、フレッシュリーグ(九州硬式少年野球協会)の選抜メンバーに選ばれ、頭角を現しています。

 

中学を卒業すると、広陵高校に進学。

広陵高校では、1年生の春からベンチ入りし、秋からはエースナンバーを託されています。



捕手の中村奨成も1年生からレギュラーを獲得し、このバッテリーの注目度は今大会ナンバーワンと言ってもいいでしょう!

ちなみに、甲子園終了後9月1日から行われる、「第28回U-18W杯」の第1次候補選手にも二人は選ばれています。

こんなに注目度が高いこの二人ですが、実は今まで甲子園出場経験がないんですよね。

 

しかし3年生の夏・・・とうとう甲子園出場を決めました!

平元銀次郎(広陵) 父親 ドラフト 中学
期待されていながら、ようやく甲子園出場を決めた平元銀次郎投手。

甲子園では大暴れしてもらいたいですね!

まとめ

「平元銀次郎(広陵)の父親やドラフトは?出身中学もチェック!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

平元銀次郎投手、予選の決勝では5失点を喫し降板していますが、その雪辱を果たすためにも、甲子園ではいいピッチングを見せてもらいたいですね。

どれだけの三振を取れるのか楽しみですね〜!

 

監督の評価では、広陵OBの「吉川光夫」より三振が取れると大絶賛してますからね。

平元銀次郎投手、まだまだ線も細く将来性はすごくある選手だと思います。

今後順調に成長して、プロでも活躍できる投手になってもらいたいな〜。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク