今回は、2017年マクドナルドの新CM「マックフルーリー 森永ミルクキャラメル #あの森永シェイクを超えろ」篇に出演している、スーツ姿の女性が誰なのか調べてみました。

「ソフトクリームにキャラメルソースとクランチを混ぜる!」と熱く語っている女性社員が気になります。

スポンサーリンク



マックフルーリー森永ミルクキャラメルCMの女優は誰?女性の名前が気になる!

マックフルーリー森永ミルクキャラメルCM 女優 

マックフルーリー森永ミルクキャラメルのCMに出演している女性は誰?

まずはこちらのCMをご覧ください。



意見をする女性社員が綺麗な方ですね〜。

この女性の名前は、橘茉希(たちばなまき)さんと言います。

 

では橘茉希さんがどんな方なのか見ていきましょう!
♦︎プロフィール

1992年1月16日生まれ

神奈川県出身

身長162cm

特技 テニス・バドミントン

橘茉希さんは、「エフ・エム・ジー」というタレント事務所に所属している方ですね。

あまり聞きなれない事務所ですが、有名どころだと井川遥さんや吉田悟郎さんが所属しています。

吉田悟郎さんは、「Amazon 」のCMでたびたび顔を拝見しているので、個人的には知名度は高いんじゃないかと思います^^;

 

ちなみに橘茉希さんは、CMや雑誌に出演したり、女優としても活動しているようです。

ただ、今現在あまりに橘茉希さんの情報が少なく、芸能界に入ったきっかけや芸歴など詳しい事は全然わかりません・・・。

わかっているのは、元々は「久保田真紀子」名義で女優やモデルとして活動していたという事くらいですね。

 

ちなみに2014年頃には、競馬番組「ターフトピックス」にリポーターとして出演していたようです。

マックフルーリー森永ミルクキャラメルCM 女優 
競馬に興味がないので、もちろんこの番組も見たことがありません^^;

なんで改名したんだろ〜。

♦︎出演作品
ではここからは、橘茉希さんがどんな仕事をしているのか紹介していきますね。

まずはCMを紹介しますが、2016年後半から2017年にかけて一気に出演してます。

「一体どうしちゃったの」ってくらい出演が続きます^^;

 

★2016年 CM ソフトバンク Y!mobile「ふてニャン缶もらえる」篇



おそらく、最後に出てくる女性が橘茉希さんかと思われます。

マックフルーリー森永ミルクキャラメルCM 女優 
この頃はまだちょい役で、探さないとどこにいるかわかりませんね。

でもCM出演を重ねるごとに、メインで出るようになります。

出世速度が異様に早い^^;

スポンサーリンク



★2016年 CM 日本郵政 年賀状「知らない娘」篇



めっちゃ自然な演技しますね〜。

久保田真紀子名義の時は女優もやっていたそうなので、演技経験はある程度あるんだろうと思います。

 

★2017年  CM カルカン「UFO」篇



このCMでは、橘茉希さんより猫ちゃんの方が可愛いかな〜^ ^

橘茉希さんが映ってるアングルがいまいちのような気がします・・・^^;

 

★2017年 CM リクシル「BISTRO LIXIL/ハンズフリー水栓」篇 



山下智久さんに手を握られて嬉しそうにする橘茉希さん。

表情がたまりませんね^ ^

 

★2017年 CM アイフル「モーニングコール」篇



女性の発明家役で出演しています。

あまり感情を表に出さないように演技してますが、それでも綺麗な女性だってのはわかりますね〜。

 

★2017年 東京ブックマーク2017春夏「プレミアムチケット紹介動画」



これもつい最近のCMですね。

2017年はまだ半年以上残ってますが、これからまだまだ出演CMが増えていきそうな気がしますね。

 

この他にも、カルテットの第10話に出演したり、モデルとして色々な媒体に出てるようですよ。

改名したのがよかったのか、この1年間の露出量は半端ないですね!

 

取り敢えず簡単ですが、橘茉希さんの紹介はここまでです。

最新情報等は、こちら参照して下さいね。

橘茉希オフィシャルサイト

まとめ

「マックフルーリー森永ミルクキャラメルCMの女優は誰?女性の名前が気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

マックフルーリー森永ミルクキャラメルのCMに出演している女性は、橘茉希さんでした。

橘茉希さん、急にCMでよく見るようになりましたが、本当になんなんでしょうね^^;

 

ドラマに出てブレークしたとかではないのに、なぜかCM出演が増えているという・・・。

このまま行くと、今年はもっと知名度が上がってドラマにもバンバン出るようになるのかな。

 

今後の橘茉希さんの活躍に期待したいと思います。

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク