今回は、ドラマ「僕だけがいない街」に主人公・藤沼悟の少年期を演じる、内川蓮生(うちかわれお)に注目します。

この作品はすでに映画化がされているのですが、主人公の少年期が重要な鍵を握る作品になっているんですよね。

なので必然的に、子役の演技力に注目が集まるわけです。

そんな大役を任されたのが、内川蓮生くんです。

内川蓮生くんの小学校など、wikiやプロフィールをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク



内川蓮生(れお)の小学校は?ウロボロスや黒執事(シエル)出演で話題!

内川蓮生(れお) 小学校 ウロボロス 黒執事(シエル) 

内川蓮生のプロフィールは?

♦︎プロフィール

2004年6月22日生まれ

O型

東京都出身

身長145cm(2017年3月現在)

趣味 合唱、ダンス、読書

特技 けん玉、絵を描くこと

アミューズ所属

内川蓮生くんの経歴を調べてみると、一番古い出演作品が2009年になるようです。

て事は、小学校に上がる前から芸能界で活躍していたようですね。

本人からすると、物心がついた頃には芸能活動をしていたって感覚なんですかね^^;

 

また、内川蓮生くんの通っている小学校なのですが、さすがに情報はありませんでした。

わざわざ、自分の子供の身に危険が及ぶような情報を公表する親はいないかな〜^^;

小学校がバレたら、どんな変質者がいるかわからないから怖いですからね・・・。

僕が親でも公表はしないですから。

でももう来年からは中学生ですね〜!

♦︎出演作品
ではここからは、内川蓮生くんの出演作品をわかる範囲で紹介していきたいと思います。

★2012年 CM「Apple iPhone 4S」



「ロンドンて今何時だろう」の子が内川蓮生くんです。

可愛らしい声ですね〜。

どう言うシチュエーションて質問してるんでしょ。

お父さんが出張でもしてるのかな。

ちなみに、2010年からいくつかのCMに出演してるのですが、どれが内川蓮生くんかわからなかった・・・^^;

 

★2014年 映画「ぶどうのなみだ」

内川蓮生(れお) 小学校 ウロボロス 黒執事(シエル) 
内川蓮生(れお) 小学校 ウロボロス 黒執事(シエル) 
この作品で、内川蓮生くんは演技初挑戦!

デビューが早かったから、これは意外ですね。

今までは、主にCM出演や雑誌のキッズモデルとして活躍していたそうです。

スポンサーリンク



★2015年 ドラマ「ウロボロス」

内川蓮生(れお) 小学校 ウロボロス 黒執事(シエル) 
内川蓮生(れお) 小学校 ウロボロス 黒執事(シエル) 
第6話にちょこっとだけ出演していました。

上の画像なんて、USJのCMと言われれば信じてしまいそうなカットですね^^;

笑顔が可愛い子ですよね。

 

★2016年 舞台「黒執事 〜NOAH’S ARK CIRCUS〜」



内川蓮生くん、舞台デビュー作品です。

シエル・ファントムハイヴ 役で、一躍話題になりましたね。

この舞台での演技は、多くの人が大絶賛しています。

 

こんな動画も見つけましたよ。

内川蓮生くん、まさに天使ですね^ ^

可愛すぎますね。

 

★2017年 映画「ブルーハーツが聴こえる」



「少年の詩」篇に出演しています。

内川蓮生くん、シエルのイメージが強すぎて、普通の少年役が逆に新鮮^^;

昔、ブルーハーツ大好きだったな〜・・・。

まさに僕の青春時代の曲たちですね。

今の子たちって、ブルーハーツ知ってるのかな〜・・・。

 

★2017年 MV「罪の継承 ~ORIGINAL SIN~」



まず内川蓮生くんの紹介の前に・・・

僕、MALICE MIZERの大ファンだったので、こう言う世界観大好きです。

アレンジは格好いいんですけど、曲がな〜^^;

 

ちなみに、内川蓮生くんはこの子ですね。

内川蓮生(れお) 小学校 ウロボロス 黒執事(シエル) 
内川蓮生(れお) 小学校 ウロボロス 黒執事(シエル) 
この狂気に満ちた顔!

いいっすね〜!

 

取り敢えず簡単ですが、内川蓮生くんの紹介はここまでです。

より詳しい情報は、こちら参照して下さいね。

内川蓮生オフィシャルサイト

まとめ

「内川蓮生(れお)の小学校は?ウロボロスや黒執事(シエル)出演で話題!」

と言う事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

内川蓮生くんですが、黒執事のシエル役で一躍人気者になりましたね。

演技力も高く評価されていて、今後の出演作品も増える事でしょう!

 

これからどんどん大人の顔つきになっていくと思いますが、どのように成長するかも楽しみですね。

絶対イケメンに育つとは思いますが・・・。

 

今後の内川蓮生くんの活躍に期待しましょう!

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク