今回は、お笑いピン芸人のORIE(おりえ)に注目します。

まず、ORIEさんの結婚について気にしている方が多々いるようなので、調べてみたいと思います。

またORIEさんの出身高校など、wikiやプロフィールもまとめてみますね。

最後に、ORIEさんと似ている芸能人についてもチェックしてみます。

スポンサーリンク



ORIE(おりえ/芸人)の結婚や出身高校は?似ている芸能人もチェック!

ORIE(おりえ/芸人) 結婚 出身高校 似ている芸能人

ORIEさんは結婚してるの?

ORIEさんは結婚していて、子供も一人いるようですよ。

2011年9月20日に、元気な男の子を産んでいます。

ORIE(おりえ/芸人) 結婚 出身高校 似ている芸能人
こんなにちっちゃな赤ちゃんが、現在は5歳でこんなに大きくなっています。

ORIE(おりえ/芸人) 結婚 出身高校 似ている芸能人
かわいいですよね〜^ ^

ORIEさんのプロフィールは?

♦︎プロフィール

本名 小川 理絵(おがわ りえ)

1982年8月5日生まれ

O型

佐賀県出身

身長159cm

趣味 お菓子作り

特技 カロリー計算

ORIEさんですが、本名は小川理絵さんて言うんですね。

おがわりえを略して「おりえ」って事なんでしょうね〜。

ちなみに「おりえ」という芸名は、小学校5年生からのあだ名だったそうですよ。

初めて知ったわ・・・^^;

 

そして、ORIEさんの出身高校ですが、いくら調べても特定できませんでした・・・。

ただ、高校のお友達がブログでよく登場するのですが、会うのは決まって佐賀県。

まあ佐賀県のどこかでしょうね・・・^^;

すいません、情報があれば追記します。

♦︎経歴
2007年に、現在は「たんぽぽ」で活躍する白鳥久美子さんとコンビを組んでいました。

ORIE(おりえ/芸人) 結婚 出身高校 似ている芸能人
白鳥久美子さんは、めちゃイケのおかげで、今はもう知らない人がいないくらいの人気芸人になってますよね。

 

この二人のコンビ名は、初めは「南風」で、後に「オリトリー」という名前になっています。

ただ、あまり相性が良くなかったのか、たったの4ヶ月で解散しています^^;

そのせいもあってか、画像は一切見つかりません・・・^^;

 

その後はご存知の方も多いでしょう。

ずっと、ピン芸人として活躍していますね。

本人も言ってましたが、コンビよりもピンの方が居心地がいいそうです。

では、いくつかネタ動画を貼っておきますね。



ORIEさん得意のネタですね。

スポンサーリンク



外国人のモノマネは本当に面白いですよね〜^^;

 



「花より男子」の牧野つくしですね。

これもおなじみ「ありえないっつーの」

似てるかどうかはよくわかりません^^;

 

その他にも、レースクイーンのコントなんかもよくやってますが、動画が見つからず・・・。

画像だけ貼っておきますね。

ORIE(おりえ/芸人) 結婚 出身高校 似ている芸能人
 

ORIEさん、個人的にはそこそこ綺麗な方だと思います^ ^

もっとテレビに出れるようになれるといいんですけどね〜。

ORIEさんが似ていると言われる芸能人は?

ORIEさんは、顔がよく誰かに似てると言われる事が多いそうです。

では、僕が独断と偏見であげてみますね。

★平原綾香

ORIE(おりえ/芸人) 結婚 出身高校 似ている芸能人
ORIE(おりえ/芸人) 結婚 出身高校 似ている芸能人
上の画像は、上西小百合議員に扮したORIEさん。

下が平原綾香さんですね。

これは似てると思いますよ〜。

 

★今井絵理子

ORIE(おりえ/芸人) 結婚 出身高校 似ている芸能人
ORIE(おりえ/芸人) 結婚 出身高校 似ている芸能人
上の画像は、今井絵理子さん風に撮ったORIEさん。

これは輪郭が似てません??

まあ顎ですけどね・・・^^;

顎といえば、元相方の白鳥久美子さんもすごいですけどね。

 

他にも、小出恵介さんに似てると言われたこともあるそうですよ・・・。

いや〜、小出恵介はない気がするな〜・・・。

まとめ

「ORIE(おりえ/芸人)の結婚や出身高校は?似ている芸能人もチェック!」

ということで書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

ORIEさん、外国人のネタは本当に面白いんですけど、あまり売れてないですよね〜^^;

もう少しテレビに出演できるようになるといいんですけどね。

 

でも、結婚して旦那も子供もいるので、今くらいの活躍でちょうどいいのかな^^;

あまり忙しすぎても、それはそれで問題ありそうですからね。

 

今後のORIEさんの活躍に期待して、ここで終わりにしたいと思います。

ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク