今回は、大東文化大学の駅伝選手、奈良凌介(ならりょうすけ)に注目します。

まず奈良凌介さんの出身中学や高校など、wikiやプロフィールをまとめてみたいと思います。

また、奈良凌介さんの父や母についても調べてみますね。

スポンサーリンク



奈良凌介の出身中学や高校は?父親の奈良修や母も気になる!

奈良凌介 出身中学 高校 父親 奈良修 母

奈良凌介のプロフィールは?

♦︎プロフィール

1997年10月7日生まれ

埼玉県東松山市出身

身長171cm

体重53kg

東松山市立南中学校卒業

仙台育英高校卒業

大東文化大学在学中

まず奈良凌介さんの出身中学は、東松山市立南中学校になります。

中学生の時は陸上ではなく、野球部に入っていたそうですよ。

 

中学を卒業すると仙台育英高校に入学し、陸上を始めています。

高校では全国高校駅伝や都道府県駅伝に出場し、高校から始めたにしては素晴らしい結果を残しています。

奈良凌介 出身中学 高校 父親 奈良修 母
まあ、全国的に有名な選手ではなかったと思いますが、徐々に頭角を現してきた感じですね。

スポンサーリンク



2014年全国高校駅伝 1区17位

2015年都道府県駅伝 1区16位

2015年全国高校駅伝 1区14位

2016年都道府県駅伝 5区10位

高校から陸上を始めてこの成績は本当に素晴らしい!!

元々才能があったんでしょうね。

ちなみに5000mの記録は、全国でも20番前後の記録保持者でしたね。

 

そして、2016年に大東文化大学に入学しています。

大東文化大学では、1年生ながら全日本駅伝を2区で走っており、区間15位という結果でした。

なんかこの動画の初々しさがいいですね〜。

なんか応援したくなりますね^ ^

 

そして2017年の箱根駅伝で、1年生ながら5区でエントリーされて注目されています。

どうやら8月に行われた「黒姫妙高山麓大学駅伝」で1区区間賞を獲得しており、それで上りの適性があると判断されたようです。

あとで書きますが、父親も箱根駅伝で5区を走っており、色々な意味で話題になってるんですよね!

きっと父親の才能を受け継いでるんでしょうね。

父親の奈良修について!

奈良凌介さんの父親は、ご存知の方が多いとは思いますが、大東文化大学の監督さんですね。

親子でありながら、監督と選手としての関係を保つため、一定の距離を置いてると言います。

 

ちなみに奈良修さんも大東文化大学出身で、1年生〜4年生までずっと5区を走り、素晴らしい結果を残している選手でした。

奈良凌介 出身中学 高校 父親 奈良修 母

第66回箱根駅伝 5区(20.7km)区間賞 1時間12分47秒 

第67回 5区2位 1時間13分54秒

第68回 5区区間賞 1時間11分13秒(区間新)   

第69回 5区12位 1時間17分15秒

特に1年生、2年生の時は、大東文化大学は連覇を達成しており、その優勝の立役者でもありましたね。

ただ4年生の時は区間12位と結果が残せず、チームも何と最下位に沈んでいます。

2年前に総合優勝してるのに、その2年後に最下位ってかなり珍しいパターンではないでしょうか。

 

でもまあ、元祖山男としてかなり有名な選手でした。

そんな父親の才能を引き継いだのか、息子である凌介が箱根で5区を走るかも知れないというのはやはり話題になりますよね!

父親のように区間賞をとって大東文化大学を優勝に導く活躍ができるのか楽しみです!

奈良凌介の母親について!

これに関してもご存知の方は多いと思いますが、奈良凌介さんがまだ小学生だった頃に亡くなってるんですよね。

2007年の12月に、乳がんで37歳という若さで他界しています。

本当にこれは凌介さんにとって辛い経験だったと思いますが、そんな母親のためにも箱根ではいい走りを見せてもらいたいですね!

監督である父親も表向きは毅然とした態度をとっていますが、内心は嬉しいでしょうね〜^ ^

まとめ

「奈良凌介の出身中学や高校は?父親の奈良修や母も気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

奈良凌介さんは、父親と同じ箱根の5区を走るという事でだいぶ注目されていますね。

注目されてる分、やはりテレビでは応援しちゃうんだろうな〜。

 

青学を応援しながらも奈良凌介さんは応援しようと思います^^;

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク