今回は、ネオイケメン「usukedevil(ユースケデビル)」に注目します。

まず皆が気にしている、usukedevilに彼女がいるのか調べてみたいと思います。

そして年齢や本名など、wikiやプロフィールもまとめてみたいと思います。

またusukedevilは写真と実物が違うと言われていますが、実際はどうなんでしょう?

 

追記:ロンハーに女装男子として出演が決定!
同企画に超特急のタクヤも出演します。
タクヤに関してはこちら読んでみて下さいね。
タクヤ(超特急)の態度や人気が気になる!兄弟や塩対応の訳もチェック!

スポンサーリンク



usukedevilの彼女や年齢は?本名や実物の違いが気になる!

usukedevil 彼女 年齢 本名 実物

usukedevilに彼女はいるの?

usukedevilさんの彼女を調べると、「rie」さんという名前が出て来ます。

usukedevil 彼女 年齢 本名 実物
ただ現在公開されているSNSを見ても、rieさんが彼女だという証拠は見つかりませんでした。

でもブログに断言して書いている方もいるので、もしかすると過去に公表してたのかも知れませんね。

誰か真実を知ってる方います??

usukedevilのプロフィールは?

♦︎プロフィール

本名 飛弾右介(ひだゆうすけ)

茨城県出身

1994年11月16日生まれ

身長176cm

まず本名ですが、飛弾右介(ひだゆうすけ)と言いますね。

ツイッターで普通に公開してましたよ〜。

あと卒アルも公開してて、そこに苗字も載ってましたね。


それにしても格好いい名前^^;

卒アルもなんて写りがいいんでしょ・・・。

 

そして現在(2016年11月24日現在)、22歳になります。

画像だけ見ると、化粧がすごすぎて何歳か全くわからんからね^^;

 

そしてusukedevilさん、実は双子の姉がいます。

usukedevil 彼女 年齢 本名 実物
名前は「あさみ」さんと言って、看護師を目指しつつこのように姉弟でモデルの仕事もこなしています。

絵になる姉弟で羨ましいですね〜。

 

あと書き忘れてましたが、usukedevilの名前の由来です。

本人がSNSでこう答えていましたよ。


どうやら、耳が尖っている事と性格からきてるみたいですね。

悪魔と呼ばれるほど性格が悪いのか〜!!

どんだけやねん^^;

♦︎出演作品
では、usukedevilさんの出演作品をいくつか紹介しますね。

「オフィスウォーカー」という事務所に所属しながら、主にモデルとして活躍しています。

ファッション誌や広告モデルをしているのは周知の事実なので、それ以外を紹介します。

スポンサーリンク



★「ドラマ 私のホストちゃん S 新人ホストオーナー奇跡の密着 6 カ月」



こう見ると、かなり痩せてますね^^;

さすが、ジェンダーレス男子。

筋肉には興味がないんだろうね〜・・・。

 

★MV  cinema staff 「great escape」



こう言ったMVにも出演しています。

なんていうか、自分のキャラにあった仕事を選んでますね〜。

 

★MV SuG「SICK’S」



またまた自分のキャラに合ったMVですね。

こういう役も本当にお似合い^^;

 

取り敢えず簡単に紹介しましたが、モデル以外にもこんな感じで仕事をしています。

usukedevilは実物が違う?

では、usukedevilさんのSNSの写真を見てみましょう!

usukedevil 彼女 年齢 本名 実物
usukedevil 彼女 年齢 本名 実物
この他にも、こちらのインスタを見てもらえればたくさんアップしてるので興味があればどうぞ!

 

そして、テレビ出演した時のusukedevilさん。





 

ん〜、確かに写真と実物ではかなり印象が違うかも・・・。

特に「PON!」に出演した時のusukedevilさんは、写真と全然違う・・・ように僕には見える^^;

韓国スターみたい・・・。

写真の撮り方や写り方がとにかく上手いんでしょうね!

ただ、噂されているような整形はしてないんじゃないかな〜。

まとめ

「usukedevilの彼女や年齢は?本名や実物の違いが気になる!」

という事で書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

usukedevilさん、学生の頃からモデルをやっていて人気者だったそうですが、自分のキャラを壊さずに色々な仕事をしているようですね。

なんか、自分をよくわかっててそれを武器に仕事をしているような印象です。

今後、どんな方向にいくかわかりませんが、年齢とともに消えて行かないように頑張って欲しいものです。

 

それでは、ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク